読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただいま営業中。

日常

  先週は梨を買いに出かけた。

  今年は暑かったので甘い。ただ雨が続いたので少し色が悪く、小さな傷がついている。でも味は良い。

f:id:sprighascome:20130914184652j:plain


  今日はりんごを買いに出かけた。

f:id:sprighascome:20130914185022j:plain


  八月の山口島根集中豪雨で、流されてしまったりんごの木もあるのだけれど、道を隔てたこちらのりんご園は無事であった。

  道が崩れて舗装しているところもあるし、川の堤防がまだ崩れたままの部分もある。みんなで片付けてみんなで綺麗にしたのだろう、でも流された人と流されていない人では、決定的な違いがある。


  それでもりんごの木が無事なら、りんごがあるから、人は働くし、人は集まる。


  「あぁ、ちゃんとりんごを売っている」とすごく安心した。りんごパイもある、りんごジュースもある。


  ほぼ一年中、スーパーではりんごが買える。珍しい果物ではないけれど、ここのりんごは本当に美味しい。

  売店のおばさんが、小さな紙コップにりんごジュースを注いでくれた。生しぼり100パーセントで、驚くほどに甘いりんごジュース。

  「いつも買ってもらっているから」と言われた。

  お客の顔を覚えているのかな?

  ……、でも、案外覚えているものなのかもな。


  手塩にかけた自分たちのりんごを「美味しい美味しい」とデレデレしながら選ぶ客。


  「うわ!ありがとうございます!」と私は遠慮なく受け取り、くっと飲んだ。濃い甘み。「甘い!甘いですねぇ!ご馳走様です!」とお礼を言った。

  

  おばさんが、嬉しそうに私が紙コップを受け取って、飲んで、お礼を言うのを見ている。

  ちょっと哀しそうな笑顔で。


  りんご園のおばさんと私には、流されているいない以上に心の距離はあるのだけれど、なんだか無性に(ありがとう)と思った。

  「これ、冷やしてたべてね」と、少し小さなりんごをオマケしてくれた。


  また何度でも何度でも、りんごを買いに来ようと思う。