読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春は眠い

  春は眠い

  朝、なかなか布団からがばりと起きれない

  午後、眩しくて。
  風が止んだりすると途端に眠くなる

  夕方、ビールを飲んだりするとひとたまりもない

  そして夜中にゴソゴソと本を読み始める
  気づいたら、読みながら寝ている


  眠りながら読むのにヨカッた本
  夢のような夜の音楽の話、短編集だけど時々同じ人が出てくる
  音楽はジャズ。絶えず後ろで流れている感じがする。チェットが好きな女の子とか、ギター弾きの男の子とかの話。ジョー・パスやらアートやら、端々に通り過ぎる感じがする。

   『森の時間』前  登志夫、新潮社。1991年。
  仙人じみた人、天狗っぽい人の話。歌人
  銀河系そらのまほらを堕ちつづく夏の雫とわれはなりてむ

  宇宙と一体化しちゃうようなスケールの人です^_^カッコいい。


http://youtu.be/uYjSpUqYMwQ


春の夢