読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋の訪れ。

  

  先週の土曜日は地域の花火大会だった。

  夕方4時半からボランティアでビール売り場で売り子。

  生ビール500円。枝豆100円。フライドポテト300円。フライドチキン小300円。大500円。焼きそば500円。おにぎり200円。

  売れたけど疲れた、、、

  何故こんなにパニクるのか?

  狭いし、ステージの音で聞こえないし、釣り銭足りないし、泡ばかり出るし、氷足りないし、ビニール袋足りないし、割り箸も足りないから。

  うーん。ツライ。


  他の売り子さんと「もうヤダ。わかんない」とメソメソした。

  まぁ全然売れずに売れ残るよりはいいけど。


  お祭りの食べ物って、好きな人は好きですよね。私はあまり得意ではない。

  豚汁やら猪鍋は美味しいと思うけど。

  そんなに並んでまでB級グルメしないです。

  

  皆の気持ちがわからないまま、売り切れて。

  せいせいして生ビール飲んだ。ぷはー。夏も終わりの8月30日。


  横から「おつり、とったからね!」と言われ確認なんかしきれないけど、もぅ、信じるしかない。アワアワしながら皆を信じた。知らない人ばっかりだったけど。

  

  花火があがった。


  闇にあがる花火はとても綺麗だった^_^


  近くで見ると迫力がある


      ☆       ☆       ☆       ☆


  ふらりと金子さんが通りかかったので、金子さんと一緒に花火を見た。椅子を持ってきてくれた

  「綺麗ですねぇ」

  並んで見上げると子供のような気分になる。


  金子さんはいつもふらりと一人で歩いている。飄々とした仙人のような金子さん。私は彼のファンでなついている^_^

  話しかけると、ぱっと笑顔になるので嬉しい。

  嬉しそうに話す人なので、とりとめのない話でも、話をするだけでなんだか嬉しくなる人だ


  金子さんは昔市役所のエライ人だった。退職してからも「地域のために」静かに働いている。

  平日はフルでキャンプ場の管理の仕事をしている。ログハウスの清掃、カヌーの整備、敷地の草刈り、マキや炭の準備、バーベキューの材料販売など。

  「囲炉裏をつくってみた、使ってみて」と言われ、感動した。

  なんか夢(?)がある

  でも金子さん、バーベキュー場なのに。この「砂を囲んだ木の机」はともかく。

  …この「木彫りの魚」はどこから吊るすの?

オープンエアです……

  夏のバーベキューの時には「ありがとう金子さん、雰囲気が出るね」と脇に置いて飾ってみた。吊るせないもの。心意気かなぁ


  金子さんは刑務所から出所した人を見守る「保護司」の仕事もしている。

  大変なお仕事だと想像されるけど、金子さんは適役なんじゃないかと思う。

  優しいもんなぁ、、、。



  「今年はハート型の花火とかあがらんのかねぇ」

  「高くて買えなかったのかなぁ」

  「柳、ちゅうんかねぇ。あれもええね」

  「あ、私は今みたいにキラキラ光るのが好き」

  「しゅっと燃えて消えるのがいいね」

   「どんと響くのもええね」

  「火薬の匂いがするね」

  「たくさんあがるね」

  「あ、今みたいの。今みたいのがやっぱり好き」

  「綺麗だねぇ」

  「ふふ」

  

  そんな風に花火を見てたら、泣いてしまいたくなる

  心が洗われるようだ      

    

  夏の終わりの花火は消える