読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曲がりくねった道。

音楽 日常 浮遊
  秋だー!秋だー!と浮かれて山へ。
  晴れていた

  f:id:sprighascome:20140913192314j:plain

  山登りはすごく久しぶりなので慎重に始めた。
  山登りだけでなく、運動不足。運動が久しぶり。ジョギングずっとしてない。ヨガもサボりがち。

  ゆっくりと登った。

  
  f:id:sprighascome:20140913192942j:plain
  いつのまにか知らない道に入っていて、観音様がいらっしゃった^_^
  ふぅふぅいいながら登って見上げるといいお顔だったりしてありがたい気持ちになる。
  季節によっても道は変わるから、山って面白い。

  歩いているとしんどくなる。
  なんだ、まだ夏じゃんか、、、アチいよ…(暑くなる前に出発すればいい話。朝寝坊が好きなんです…)

  頭が煮えてきて、汗ビッショリになり、日焼け対策の化粧も落ちて、デング熱もたくさん飛んでるし、オデコが何かに刺されて膨れてるし、、、。途中、若干、ヤになった。

  そうは言ってもこの空の色よ
  f:id:sprighascome:20140913194526j:plain
  f:id:sprighascome:20140913194640j:plain
  木陰に入ってしまえば涼しい。
  吹きわたる風が気持ちいい。

  メジロちゃんがすぐ側まで来た。癒され〜
  やっぱ可愛い。小鳥ちゃん可愛い。

  花屋で働いていた時には、肉体労働だったので休みの日には休んでいた。外出するのはいいけど、屋内希望。休みたい。
  今はデスクワークなので、休みの日は運動したい。バランスなのかな。

  山登りって、自分にとってはプラクティス。
  わりとストイックな気持ちになります。
  落ち込んだ時は必ず山。
  自分自身を見直して、一歩一歩進んで、汗かいたら自分を蒸留した感じになる。
  自分の純度をあげてくれる。
  何が自分にとって大事なのか、静かに自分と向き合います。

  ゆっくりと登っても頂上。
  ヘトヘトになっても頂上。

  仕方ない、私はサボっていたのだ(えへん…いばる)

  ご褒美に。タッパから梨出して食べた。
  梨、美味い^_^

  すぐさま下山。もぅ疲れた。帰ってシャワー浴びて本読みながら昼寝しよー。
  …と言いつつ、遠回りコースを選ぶ。
  蝉が鳴いてても、やっぱ秋。
  気持ちいいです
  蝶の来た道を進む。

  f:id:sprighascome:20140913200538j:plain
  一休みしたら、動けなくなった。
  ヤバイここ気持ちいい

  カラフルな虫たちがたくさん。
  鳥の声。
  この木陰、ヤバイ!!!

  昼寝したい!!!

  




  猫がでんと構えるように眺望を楽しみ、風を楽しみ、眠りたくなった
  これこそ最高の昼寝なんじゃないか
  



  (寝ませんでしたよ)

  
  f:id:sprighascome:20140913201641j:plain
  帰り道。橋が崩れていた。
  (自己責任でご利用ください)の張り紙も褪せてしまって、もう読めない。
  丸太があるから渡れるよ^_^

  f:id:sprighascome:20140913201912j:plain
  木洩れ陽こもれびが好き
  間接照明みたいなものかな。適度な木洩れ陽にウットリとする。

  f:id:sprighascome:20140913202244j:plain
  彼岸花も咲き始めました。
  彼岸花的にお彼岸までモツだろうか
  今年は狂い咲き(本来の時期ではないのに咲く花)している花が多い気がする。
  彼岸花は狂い咲きしてほしくない花の筆頭。彼岸の花。


  ☆


  いつでもそこにいるのがあたりまえ

  いつも変わらずにいてほしいというワガママ

  ある日ふらりとブログを閉じてしまう人もいる

  もちろん私は自分のために書いている。何故日記ではなくブログを書いているかといえば、誰かに読んでほしいから。

  知らない土地の、知らない顔の人が定期的に私の文章を読んでくれるって、すごいことだと思います。

  片手間に書く人も、嘘ばっかり書く人も、(性能・技術)のために書く人もいるかもしれない。

  けど、
  私が読みたいのは
  蒸留した純度の高い個人なのかな、とふと思った

  迷っていても間違っていても自信がなくても、悔しくて怒っていても、昼寝してても。

  ちょっとしたことでもいいんだよな
  
  うん。だから。
  (そういうのが読みたいんだよなー!)と思って書き始めたのが「始まり」だったことを、今思い出した。

  読みたいから、書き始めたのでした。


  ズルしても真面目にも生きていける気がしてた
  いつかまたこの場所で君に巡りあいたい
  君を忘れない