読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秘密

  思春期の頃に。
  おこづかいで素敵なノートを買って。
  そのノートに、読んだ本やマンガから気に入った言葉を書き写した。時々は歌の歌詞。恥ずかし過ぎて、家族に見つからないように隠し場所も決めていた。
  日記ではなく、純粋に抜粋だけ。
  ただ自分なりに工夫加工した。余白のバランスを考えたり、筆ペンを使ってみたり、色鉛筆を使ってみたり、日付けを入れてみたり。
  順にページをめくるのではなく「この辺で」好きなページから始めて、好きなページで終わるのです。
  ハサミを使ってみたり、ノートを手でちぎったり。
  1日の作業ではなく、気分がノッた時に存分にやる。日々の積み重ねとして。
  …思春期ですな、、、

  …思春期なので、部活が辛かったり片思いしたりすると気がそれてやめてしまう。
  犬が宝物の骨を庭に隠して隠したことを忘れてしまうように、そのまま忘れてしまう。
  
  …そしてある時、そのノートを自分で発掘して、赤面する^_^
  「、、なんて子供っぽいことで感動しちゃってるんだろう、アホだなこいつ」
  もっと心に刺さる言葉を探して、さらにノートに言葉を書き写す。

  恥ずかしい奴、、、



  丁寧に、自分の手で書き留めることで、その感動を手の届く範囲に置こうとした。
  素敵なノートを開けば、読んで感動したことが生々しく証として再現されるような気がした。
  とても素晴らしく大切な作業のように思えた。

  本やマンガや歌の世界が、ツクリモノだとわかっていても、嘘のような気がしなかった。現実世界の方が嘘で、言葉の方が本当な気がした。
  

  社会に出て、もっと辛い現実や不幸が自分の身に起こっても、現実逃避の材料にしようとも思わなかった。
  シンデレラストーリーや桃太郎的勧善懲悪ではなく、矛盾に苦しむような複雑さばかり、摂理ばかり、ただ美しいものばかりが気になった。
  自分にはわからないから

  そして、忙しい生活の中で。犬が宝物の骨をなくすように忘れていった

  
  今はもう、そんなノートは手元にない。
  真夜中に友人に熱い手紙を書くこともなくなった(恥ずかしい奴…)

  それは私の秘密だった


  私だけの世界で、私にとっての美しい世界で、私だけが憶えていればいいものだった。

  
  どんなに現実世界が退屈でつまらなくても。
  どんなに現実世界が過酷で厳しいものであっても。
  どんな風に人から見られ、認められなくても、
  ……感動できる自分でありたかった


  何年か前にすっかり落ち込んで、どうやって(笑う)のかわからなくなったことがある。
  欲しいものもわからなくなって、行きたい所もわからなくなって、食べたいものもわからなくなって、すっかり無気力になった。
  自信もなくなってしまった。好きなものも嫌いなものもわからなくなった。無関心になった。

  今だって自信なんかないけど、存在理由もわからない程に自分が取るに足らない存在だった。

  
  ☆

  自分を許すことから始めなければいけないのだろう。
  ダメな自分、恥ずかしい自分、子供っぽい自分。

  私には秘密がある

  
  「現実逃避」といわれようと構わない。

  毎日は冒険でもないし、素敵なことばかりではない。
  とてもとてもとてもとてもとても辛い事があったら盛大に盛大に盛大に現実逃避しようと思う。
  
  

  そういう風にしか、自分の世界は広がらないと思う。
  
 

  f:id:sprighascome:20141008213352j:plain