読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふと思い出す

音楽 浮遊



  ↑サイモン&ガーファンクルのこの曲

  子供の頃、作詩の課題で「僕は石だ」という詩を朗読した男の子を思い出す。
  大人しくて、身体が大きくて、のんびりした子だった。

  ひねくれて自虐的でもなく、周りの友達に牽制する訳でもなく、
  淡々と自分の事を石に喩えた。

  自分は無口でおしゃべりをしない、
  動きもノロい、
  でも「硬い」んだ、…という内容だった

  強い、とか、動じない、とかじゃなくて「硬い」というあたり
  自己表現としてアッテイルなぁと思った。

  サイモン&ガーファンクルは、友達なんか要らない、本が自分を守ってくれる、みたいに唄っているけど
  聴くたびに切ない

  その純朴さも、守るべき自分も、
  かつて私自身が持っていたものだからだと思う。

  石だった男の子は、どういう大人になっただろう
  
  砕かれたり磨かれたり加工されたりしても、その「硬さ」は保っているだろうか



  砂のようになっても硬かったら、逆に変幻自在で良いと思うな^_^