読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「春」に似ている。

  寒かった日々が嘘のように
  空気がゆるんでいる

  花木もいつのまにか色をつけ、ほぼ満開。

  梅か桃か、ロウバイかマンサクか、、、
  通り過ぎる車の窓から、色を探して目がウロウロする。

  f:id:sprighascome:20150224003801j:plain

  空気に花の匂いが混ざるといけない。
  大きな湯船につかったように身体がゆるんでしまう。


  春はスピッツの曲が似合う。
  
  春の花の匂いは、卒業と入学の思い出を総まとめで連れてくる。
  それぞれの時代の「春」の空気を連れてくる。
  
  過去の出会いと別れの思い出と、今はどうしているのだろうかという想像と、将来また会えるだろうかという期待で、いっぱいになる。
  幼かった自分と今の自分と未来の自分と、桜の中で、梅の中で出会うような気にもなる。

  でも「その春の」空気だけはすごく鮮烈なのに、肝心の細部はぼんやりとしてしまう。
  夢の中のようにぼんやりとしか思い出せない。本当のようでもあるし、夢のようでもある。思い出そうとすればするほど、イメージが不安定になるようだ。
  「今の春」の空気の中で、私は少し哀しくなる。

  思い出せないのは君だけ   君の声の感じ        思い出したいのは君だけ

  

  恋のはじまりに、気になる相手を無意識に目で追い、耳が追ってしまうのは

  相手のことを(思い出せない)からだと思う。

  まっすぐに見るのは恥ずかしいし、

  憶えておきたくて、

  憶えておこうとまっすぐに見ていても、その瞬間が精一杯で、どう記憶していいのか整理がつかないのだと思う。


  精一杯に感覚を開いているのに、上手く記憶できないって

  なんだかすごく「春」に似ているなと思う