読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼岸

  昨日は朝から晴れ。
  遅く起きたけれど、布団カバー・毛布・敷き毛布を洗った。

  花粉がつくかもしれない。PMが。黄砂が。、、と心配していたら布団は干せない。
  晴れて用事のない休日には、布団関連の洗濯をすべきだ。お日様ありがとう!ふかふかのぽよぽよの布団は、心身を癒す。

  、、、と言っても。洗濯機をフル稼働しても3回だから、約3時間。

  仕方なく(?)庭で草ひきをしてました。苔が生えてるけど、芝に見えないこともない。どうしよう。遠くから見たら芝なんだけど、実は苔。ふかふかの緑の絨毯。
  f:id:sprighascome:20150322213926j:plain
  ポカポカで気持ちよいです^_^

  f:id:sprighascome:20150322221251j:plain
  伸びきったフキノトウ

  昼、近所の蕎麦屋で蕎麦を食べ、
  f:id:sprighascome:20150322214041j:plain
 おじいちゃんの 墓掃除。

  普通は彼岸の入り前に済ませるべきでしょう墓掃除。だってウロウロしてたんだもん。しないよりいいでしょ。しないよりいい墓掃除。
  つくしも生えてたよ^_^

  それにしてもつくし。スギナ系だから最強しつこい雑草です。
  河原に生えている分には関わりないけど、おじいちゃんの墓スペースに生えてはいかん!

  墓掃除  墓にこしかけ  ひとやすみ        あき

    ふうふう言いながらテキトーに綺麗にして、振り返れば梅が綺麗に咲いていた

  山の斜面の墓地なので、見下ろす格好となる

  春の霞につつまれ、少し汗ばんで水仙を供える墓参り。
  梅の花が光って、遠くまで見えない


  墓に水をかけた
  柄杓がなかったのでバケツで直接ザバー。
  もしかしたら
  おじいちゃん、ビックリしたかも^_^

  線香をつかの間たてて、なんまんだぶなんまんだぶ、と唱えた。
  おじいちゃんが(まぁえかろう)と笑って許してくれてる気がする。
  そんな坂道の梅の花

  
  ☆


  帰宅してみたら
  牛夫くんが気持ち良さそうに昼寝していた。
  f:id:sprighascome:20150322215855j:plain
  f:id:sprighascome:20150322215924j:plain

  白の椿の下で。

  私がナデナデしても動けない程気持ちよかったようだ^_^太陽に照らされ、とても暖かくなっていた

  願はくば花の下にて春死なん    そのきさらぎの望月のころ                西行
  3月だけど。

  このまま死ぬの?というくらい幸せそうな猫の寝顔であった^_^

  茶色の猫の墓にも花を供え経を唱えてみました。
  多分ツンとされています。ツンデレです。

  
  ☆

  
  お彼岸に干した布団は暖かく、心地よく、春の眠りにふさわしく

  ふかふかでしっとりとして

  いつ目覚めるかわからないほど深くまで

  私を休めるのでありました

  f:id:sprighascome:20150322221150j:plain