読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「マルコヴィッチの穴」をみた。

マルコヴィッチの穴
  スパイク・ジョーンズ監督。2000年。
  キャスリン・キーナー

  面白かったでーす^_^
  もう春なんだからさ。難しいこと考えられないよね(現実逃避)
  スコーンと見ちゃいました。


  ジャンルで言えば間違いなくコメディ。
  ひねりのすごくすごくすごく効いてるコメディ。ヒネくれ過ぎて笑えない部分もあります。。。

  ジョン・キューザックの役がキモ過ぎ。
  キャメロン・ディアスもかわいい役なのかキモイ役なのか、わからん!多分かわいくない。
  キャスリン・キーナーも魔性の女ってだけで、嘘ばっかりで本心なんかちっとも見えない。
  こんなに魅力的でない人物ばかり描写する映画って、無い!と思います。さっぱり思いつきません。
  一般的な映画は(マヌケてるけど愛嬌があって憎めない)とか、(不器用だけどできる限り頑張っていて成長している)とか、(クールに振舞っているけど、寂しくなることもある)とか、そういう風な登場人物にする。
  
  ところがこの映画は、奇妙な人たちばかりで展開していく奇妙な物語です。

  (あえて言えばキャスリン・キーナーのSッぷりが気持ちいいかな…^_^
  Mの人は楽しめるのかも…)


  …しかしですね、
  主役3人が魅力的ではないのに、感情移入できないのに、ジョン・マルコヴィッチはとても輝いています。
  つい見てしまう、よくわからないオーラ。
  ジョン・マルコヴィッチジョン・マルコヴィッチを演じているのです。「器としての」マルコヴィッチを。
  ジョンでマルコヴィッチで、ああいう彼だったから、ハマった役なのでしょう。

  こういう演技力いいですね。ジョン・マルコヴィッチは何でもできるスーパーマンのように思えました。ほくほく^_^

  「マルコヴィッチ!」「マルコヴィッチ!」と連発したくなる^_^

  悪ふざけが秀逸です。
  ショーン・ペンとかチャーリー・シーンとかブラッド・ピットも友情出演(?)で悪ふざけしてます。
  

  不思議な映画ですねぇ

  ジョン・マルコヴィッチ賛歌です。

  (ジョン・キューザックはしばらく見たくない…


    ジョン・マルコヴィッチの穴に入っていた人は、時が来ると高速道路の脇にドサッと落ちてくる。

  私はこの落ちてくるシーンでいつも胸が高鳴ります♥︎すごくシュールなのです!!

  本当に「ヒューーーーーー、ドサッ」と落ちてきます。

  荒唐無稽さ加減が、映画の自由を謳歌してますね。

    

  ☆


  現実には。

  映画に出てくるような魅力的な登場人物ばかりではないし、

  映画に出てくるような感動的なシーンばかりではない。

  いつまでも冴えなくて変われなくて不幸な人はいる。

  誰にも受け入れてもらえない人だっているだろう。

  案外と絶望している人生は多いと思う。だから奇妙にネジくれてしまうのだろう。

  世の中は奇妙な人だらけで奇妙に展開し続けているのだろう。


  ある人から見れば、その奇妙な人は魅力的なのかもしれないし。

  私が魅力的だと思う人は、視点を変えればとても奇妙な人かもしれない。


  (やりたいようにやればいい、どうせシッチャカメッチャカ)と思う。 

    

  ☆


  新人研修は免除になりました(新年度スタートするのに、窓口リーダーが居ないと立ち行かない、、そらそうだ。。。)


  辞令をもらいに行った時、同期の他の新人さん達と少し話ましたが、やっぱりちょっとよくわからない、、、、若い人って、新卒って、、、

  私から見ると、わりと奇妙です。

  社会も新人も奇妙だけど、その奇妙さを楽しめたら良いなと思います


  ^_^



f:id:sprighascome:20150402214429j:plain