読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

間合いをはかる。

  
  私自身は窓口担当で後方支援的な業務内容なのですが、営業さん程ではないにしても一応、営業ノルマがあります。
  「全員がその企業のセールスマン」
  そうですそうです、その通りです。
    
  売らないことには利益が上がらず、お給料も出ませんから。

  なのでとりあえず営業してみようかと商品の勉強をしております^_^

  まずはお客様に提案してみることから。
  提案してみなければ始まらない。
  買う・買わない、はお客様の選択ですから。自由です。

  月曜日。全体の新入職員研修で、セールスの本当の本当のイロハを教えてもらった。
  高卒の女の子達に混じって。

  営業課のトップクラスの人達と直々に話す機会なんて私はなかったので、始まりはえらく緊張していたけど、じきにリラックスしていきました。
  ようは「この人と話をしてみたい、この人の話を聞いてみたい」という雰囲気にしてしまうのです。
  相手をリラックスさせる
  これはテクニックではないのかもしれないけど、かなりの要です。
  

  売るためにどういう説明をするかとか、
  細かい商品説明とか、
  言ったらダメなこと、やったらダメなこと、…そういうのではなくて。
  
  まずは好きになること辞めないこと続けること、楽しくやること。そういう話ばかり。良いイメージばかり持たせる。
  私は結構バカなので「あ、なんか私でもできそう、、」と普通に思えてしまって、普通に営業しております。
  まだ契約にはこぎつけてないけど、続けたら悪いようにはならないのではないかなぁ。。。良いイメージばかり持っております。


  ☆

  相手のレベルまで、自分が下りていく
  相手の理解に従って、自分が目指す方へ少しづつ示していく
  相手が納得してくれたら、相手も自分もハッピー。

  地道に努力ですねぇ

  商品を提案する、って
  相手との信頼関係しかないのかも。

  
  エラぶらない営業課長さんがカッコ良く見えました^_^

  (高卒の女の子が逆にエラそうに喋っていて、隣の席でヒヤヒヤしました。。。
  若いってスゴイ。怖いもの知らず。

  f:id:sprighascome:20150513220813j:plain