読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キュウリのあっさり漬け。ぽりぽりと(続・隣のミステリアス)


  津田さんの話。

  津田さんは私の隣の席の女性。もの静かで色白でほっそり、上品で素早くデキル人だ。私の彼女に対するイメージはくノ一、女忍者であります。

  憧れちゃいます^_^日頃から(なるほどなるほど)と津田さんの世渡り上手を眺めております。面倒な人にも丁寧に対応。女性に対しては敵を作らず、男性に対しては隠れファンを増やしている様子。流石です。
  クールビューティーなので、話好きな人もある程度話したら自ら引いていく。あんまり話込むといけないかなー、と遠慮させる。
  目ヂカラがある。普段は目を伏せがちにしているけど、バシッと目線を合わせてくるタイミングがある。真っ直ぐに見られるのって、ドキッとする♥︎ふんわり笑顔だったりするので、ますますミステリアスである^_^

  f:id:sprighascome:20150703001125j:plain

  逆説的なのですけど、

  津田さんの良さって、ほっとする所なのです。可愛らしい所。すごく同調してくれる所。

  じゃんじゃん仕事して、キレキレな物言いして、ダメな人を叱ったりして、せっかちな程スピーディなのに。
  噂好きで^_^
  流されやすく^_^
  冷たいほどあっさりしております。

  「もぅ嫌。仕事したくない」と帰っていく後ろ姿…
  あっさり具合が秀逸。
  もしも。ねばっとしたら悲壮感ありすぎるし、さらにさらにあっさりしたら馬鹿っぽい。
  あっさり加減が本当に良い塩梅でございます^_^ぽりぽりといくらでも食べられるキュウリのあっさり漬けのようです…

  「明日また来れるようだったら、仕事に来ます」
  「え。来ない可能性もあるんですか?」
  「もし生きていたら、来ましょう」
  「じゃアタシもー。生きてたら来ます」
  「そうね。人間、何があるかわからないものね」

 津田さんは貧血気味なので、イキイキしたタイプではない。
  妖怪でいうと(?)雪女です。

  すぐ電話をかけて、すぐ話をまとめるのだけど。すごく感心するのだけれど。
  たった今支所を出ていった人に電話をかけていたことがあり、「いくらなんでもまだ家には着かないですよ」と言ったら「そうよね」と笑っていた。でも受話器は置かなかった。  
  (↑諦めない態度を見習いたい、イヤ、直帰したとしても間に合うわけはない)

    おととい津田さんに「はぁーー?」と言われた。
  私が「津田さんにはぁーー?と言われた」と喜んでいたら(←マゾ)
    ごめんそんなつもりじゃないんよ、という気遣いが入った。
  「私、エムなんでー。大丈夫です。というかウエルカムですー」(←ヨルタモリタモリさんが宮沢りえに叱られたがっているけど、ああいう心境です)
  
  私がいちいち「あ、津田さんが怒った」「あ、津田さんがパニクってる」「あ、津田さんがトボけてる」「あ、津田さんが上手いこと言ってる」「あ、津田さんが…」と実況するので、津田さんもポーズをとってくれる。
  私の観察をさらに面白いものにしてくれる。
  決して、過剰ではなく。

  クールだ。あっさりだ。

  たまに私と遊んでくれて、淡々と仕事して帰っていく。
  うーん、ミステリアス。

  今日は支所の清掃を一時間くらいかけてしたのだけど、津田さんはしっかりと赤い長靴であった。

  共に差し入れのジュースを買いに行き。
  皆からのリクエストと本数を覚えきれず、自動販売機の前で優柔不断していた。(迷った挙句、時間切れになってお釣りになったり。同じのを続けて3本したり)
  「えーっと、えーっと」と言ってるのが可愛いらしかったです^_^
  「あれー?」とか。
  f:id:sprighascome:20150704204155j:plain