読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の神様。


  (気の置けない仲)というのを、長いこと逆の意味で理解していた。

 
  (気が置ける友達)は、気を遣う友達。
  (気が置けない友達)は、遠慮のない親しい友達の「意味」です。


  遠慮しないから何を仕掛けてくるかわからない→から(気が置けない)のかしら?
  それだから→型通りにしておけばソツナクて済む→から(気が置ける)親しくない友達なのかしら?
  語源とか成り立ちとかはググりませんよ^_^

  ☆

  一般的な意味とは別に。

  私は友人というものは他人以上に他人な気がする。
  親しくても、学生時代の時のようなものではないし、学生時代からの友人でも学生時代のようではない。

  学生時代、私たちは時間を持て余し、暇を贅沢に弄んでいた。
  追われているのはレポートやバイトで。
  仕事や家族や責任からは、自由であった。
  いかに楽しい事を見つけ、いかに学びたい事を見つけ。色々な所に行って色々な人に会うのが、経験となった。

  私は上手くコントロールできない人間で、
  多くを求めてみたり
  甘えればいいのに突っぱねてみたり
  当たり前のように手にしているものを羨んだり嫉妬したり
  変に遠慮したりした。
  自分を特別だと思い、友人もまた特別だと思っていた。
  自分と友人は同じだ(同じような事を考えている)と思ってみたり、また決定的に何かが違うとも思っていた。

  同じだね
  同じだね、と話をするのは、
  好きなものを確認する行為で。

  あれ?違うんだね
  え?違うんだね、と話をするのは、
  異文化コミュニケーションなのだ。
  努力すれば理解はできるけど、知識となるばかり。

  島国根性の村全体が家族なのだー、という同調にはついていけないひねくれ者。

  個性の主張にも疲れてのんびり構える。

  学生を卒業し、仕事や家族や責任が身近になるとますます、
  自分が本当に好きなものについて、語るのが億劫になっていた。
  自分が本当に思っていること、自分が心底嫌悪するもの、悩んでいること、将来やりたいこと。
  語りたいとも思わなくなっている。

  ある友人は、(私ホントはズルイの)と言った。真意はわからない。色々と聞いたけど(ズルイ)の意味がわからなくなってきた。
  でも、その人は私に告白したかったんだろうなと思った。私に告白することで少し荷物を軽くしたのだ。

  ある友人は、(私は子供が欲しかっただけなの、旦那はあの人でなくても良かったの)と言った。どこまで真意なのかはわからない。何かもっと言いたい事があるのではないか?と思った。側で待っていたけど、その先の話はなかった。それはそれで良いと思った。

  私もそう。
  タイミングの問題で。
  聞いてくれそうな友人の前で、ボロっと何かが零れる。
  言った後で(ああ私、言ってしまいたかったんだな)としみじみとわかる。時間をかけて。
  その時の友人ときたら、天使のようで賢人のようで、ただただ神々しかった。

  許してくれる存在だった。

  私は許されたかったんだと思った。

  同じ細胞と違う細胞を持った、他人以上の他人、それが友人。

  …だって、許してくれないこともあるから^_^

  許してくれない時も、多分、最終的に許してくれている、と思う。…
  (今日この人に告白してしまおう)と思いつめたりはしない。
  (なんとなく)(勢いで)(ボロボロっと)告白してしまっていることが多い。
  神秘体験ですな…。自分の知らない自分にも出会えます

f:id:sprighascome:20150802222253j:plain

  友人には気を遣うものだ。

  気を置けない友達なんて、気を置ける友達なんて、いるのだろうか?

  私の神様は私の友人。
  天使は実在すると思っている。

  友人は他人以上の他人です^_^
  自分だって知らない事が多いにある。
  
  (そして告白をきいてくれるけど、預言はしてくれない^_^