読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでも

  f:id:sprighascome:20151105220100j:image
  f:id:sprighascome:20151105220141j:image
  f:id:sprighascome:20151105220228j:image
  11月3日。花尾山に登りましたよ^_^

  お天気も良く。とても気持ち良かったです。

  f:id:sprighascome:20151105220501j:image
  祠が二つある。
  その昔、美祢と宇部の方で別々の村が存在し、それぞれ権現様を祀ったようです。
  山頂は広い。競うように祠を高くしていったのだろうな。
  嘘みたいに大きな石で組んであった。

  鹿の声をきいた。
  ピイーー!と大きな声で鳴く。
  洗いたての木霊のような、草笛のような、清らかで素朴な声だった。
  皆が黙した。

  苔むした坂道を沢づたいに歩く。
  湿度たっぷり。マイナスイオンたっぷり。フィットチーネたっぷりである。(フィトンチッド
  乾燥しっぱなしでパリパリになっていたので、本当に歩くだけで気持ちいい。
  
  f:id:sprighascome:20151105221940j:image
  一番高いところに立ってみた

  風が吹くのでまたパリパリになる^_^

  陽にさらされて、汗かいて、わざわざてっぺんまで歩いて来るなんて。
  登山しない人からすれば、何でそんな事をわざわざするんだろ?と思うだろう。
  「てっぺんから見たら、どんなだろう」←コレなんだと思う。好奇心。そもそも。

  下界を離れて、別世界に行きたいだけなんじゃないかなー。
  修験道も多い。
  
  逃避行かもしれない。
  1人になりたいだけなのかも。

  どこまでも歩いて行けそうな気もするし。
  どこまでも歩いて行ったらどうなるんだろうな。

  f:id:sprighascome:20151105223643j:image