読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非女子的女子向き男子指南書。


  鈴木みきさんの本が大好き。
  図書館で見かけるたびに借りて熟読!
  山と渓谷の雑誌に登場する人、イラストレーター。
  
  等身大でユーモラスで本音がポロり、、
  私的に気づかされること尊敬すること憧れること多々あり!
  羨ましいと思うことも。
  好きなことを追求できて幸せそう。

  それにしても努力していると思う。しかも謙虚。
  辛いことも笑顔で楽しみながら乗り切っているんだろうなー

本当に感動する。
  最近読んだ『山、楽しんでますか?安心登山の次のステップ』では、彼女の後輩「助手くん」が1人テント2泊に挑戦する。
  助手くんの焦りや寂しさや心細さ、達成感と敗北感、失敗とそこからもらった自覚と自信なんかが描かれている。
  最終的に、コマの最後、助手くん「わーん」と泣いちゃってます…
  その現実…
  乗り切ってしかるべし。助手くんなら乗り切れる。
  山(実際には)は怖いところなんだ…と、のほほんとしたイラストで〆るのが素敵。
  
  生きる情熱とか、純粋な好意とか、自然への謙虚さとか、共同する歓びとか、自由と自立のバランスとか、
  
  彼女の足跡を追えば、自分も強くなれそうな気がする。

  必読書。
  文芸でもなく、啓発でもない。

  みきさんみたいになりたい^_^

  地図のような指南書でがす。
  手引き書、
  
  道を行く
  または、道なき道を行く
  または、振り返る
  または、、、

  
  ☆

  菊池亜希子ファンであります^_^

  ビレバンなどで激しく立ち読みしておりましたが、このたび、やはり必携なのではないか…と自覚し。
  みかけたら激しく吟味して買うことにしました!!!

  私は過去にたくさん本を所有していたのですが、引っ越しを経験して、激しく我が身を削がれて、辛い想いをしたもので
  「本が好きでも、本は持つまい」と硬く決心したのでした。

  どんなに好きでも浮気に留めよう、恋人にしても愛人にはすまい、結婚(結婚したとしても嫁入り道具として持ち込むの)は限られているのだから、しないに限る。
  …意味不明かもしれませんが、本は増殖するので、持たないことを信条にしております…
 
  そんな私が彼女の本を所有したいと。このファンっぷりを認めてほしい^_^

  女優でモデルでイラストも描きます。

  小学館発行の『みちくさ』シリーズ
  同じく小学館発行の『マッシュ』シリーズ。ムック。
  
  可愛いなぁー
  簡単に言うと可愛いんです。媚びてないのに可愛い。男子的可愛いさ。
  男子のように真っ直ぐで、男子のようにのん気で無邪気な感じ。大人でも少年でもない、ナイーブさです。
  男子に憧れる女子の、仮想女子なワケです^_^
  

  ☆

  図らずもお二人とも、おじさん愛されキャラのように思われます。
  おじいさん愛されキャラ?
  
  ずっとマイペースにワクワクしていたい^_^
  みちくさ大好き
  のんびり大好き
  冒険大好き

  必携ですなー

  つまり
  「男子になりたい」のでしょう^_^