読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前、その2。

f:id:sprighascome:20160229213821j:image

  リアルの人にブログを書いている事を言うこともあるけど、アドレスを教えることはない。
  「いいね!するよ〜」と言われても教えない。
  
  私はそんなにたくさんの人に自分のブログを読んでほしいと思っていない。
  逆に評価されたくない。
  恥ずかしいから。

  日記ですから。

  確かに多少の張り合いも欲しいから、少しは誰かに読んでほしいのだけど、内容が内容ですからねぇ。
  本当、とりとめもなく、ぶつぶつ呟いちゃってるからねぇ。
  なんとなくこのブログに愛着のある人が数人いれば十分なのです。

  ☆

  でも嘘は書いていないので、
  リアルの人がこのブログに行き着いても「どーもすいません」と恐縮するばかりで、記事を消去したりはしないだろう。
  
  うーん。2年、3年は書いただろうか。
  正直に書いた。

  だから私にどんな名前が付いていても、私は私なんだって気がしてきた。

  気に入らないことがあって毒を吐いても、相手を直接攻撃するのではなく一般化したつもりだ。
  好き嫌いで書いた事もあるけど、それは個人の意見なので気にしないでほしい。
  誰かが私の一部の記事を読んで、深く傷ついたり反省したり、怒ったり、影響を受ける事もあるかもしれない。
  だけどそれは個人を攻撃するものではない。
  「そういう風に感じたり考えたりする人もいる」という表明にすぎない。

  正直に書いたこの「あき」という人は、全く私自身と同一だ。だから、検索して実名に辿りついた私のリアルの知人がいても、まぁいいか、という気になってきた。さして影響力のある個人ではない。

  例えば、公の私とプライベートな私があるように、ブログな私がいるのです。
  友達が私の職場に来て、私の働いている姿を見てハッとするように。こんな一面もあるのよ〜とヘラヘラ笑って照れ隠ししてオシマイな気がします。
  例えば友達がこっそり絵を描いたり詩を書いたりしていても、それが上手でも下手でも好きでも嫌いでも、関係ないかもなぁ、と思っている。
  
  2年、3年ブログ書いてみて、「まぁ、いいか」の境地に達しました^_^でも無責任ではないですよ。恥ずかしいけど堂々としていようと居直っただけです。

  「あき」を形成する正直な言葉があるばかりで
  私でなくても構わないだろう。