読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジ泣けたッス/魔法的



  96年12月の「大人になれば〜僕らが旅に出る理由」

  私は高校生か大学一年生か、どっちだろ?

  あの時はすっかり大人のように見えた小沢氏も、今みたらまだまだ可愛い。
  アイドルかっ!というような印象で、その時はまだファンではなかった。

  私の友達で、熱烈な小沢ファンがいて、彼女に影響を受けた。まず雑誌「オリーブ」のドゥワッチャライクという連載記事。これがすごくおもしろい。
  夜更かししている時にCDをかけてたりした。
  楽しそうに小沢氏の事を話すので、こちらも「ふーん」から「へー」になり「あ、なんかわかる」になり「ありそうありそう」と相槌を打てるようになった。
  しまいには「(顔が)似てるよね❤︎」とぽーっと私を見てたりした。
  確かにあの頃の自分の顔は小沢氏に似てる。目は違うけど、輪郭とか肩とか、鼻とか口元とか。
  親近感を持ち始めたら、好きになるのは速かった。
  何より詩がいい。

  詩がいいのだけど、勢いというか、熱情がいい。カリスマ性があるというか、ついて行きたくなる。

  小沢氏の音楽をたくさん聴いたら、心がワクワクしたり綺麗に洗われたりした。名曲がありすぎる。
  (男の子と別れた直後に「美しさ」を聴いていたら、彼女が今はこの曲は駄目、相手を大嫌いになった方がいい!と力説した。うん正しい^_^)
  すっかり敬虔な小沢教の信徒になった。

  神奈川県民ホールに聴きに行った時は、いつだったのだろう。案外に男性ファンが多いなぁ、と思ったものだ。
  あの時も社会人だったぞ。大人になってたなぁ。

  ☆

  前回はオペラシティ「ひふみよ」
  真っ暗の中で小沢氏の語りから始まる
  ニューヨークであった大停電の話。
  真っ暗な中で、ロウソクとラジオで、仲間と音楽を聴いた話。
  そして「流星ビバップ」が始まる

  
 f:id:sprighascome:20160404001823j:image

  

天才。神様なんじゃないかと思う。

「愛し愛されて生きるのさ」

10年前に胸を痛めて愛しのエリーなんて聴いてたけど、
もはや20年前に胸を痛めて天使たちのシーンなんて聴いてた

 恐ろしい時の流れである^_^
  
  今回のツアーは語りや朗読はなくて音楽ばっかりやるみたい。新しい曲もやるようなので早く「刹那」買わなきゃだ。
  出てたのか(☜ファン失格)

  しかし20年もののライブだわ。
  「キャー!!!」と言ってしまうかも。
  「大人になれば」変わるものもあるけど変わらないものもある。
  変わらないものの方が多い気がする。