読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名著「極北に駆ける」を読んだ。

  「極北に駆ける」植村直己。文春文庫。2011年。

 

  カッコイイ。

  前向きで努力家、ユーモラス、情熱的。

  

  冒険家の植村直己さんが、犬ぞりによって北極大陸を横断する話。72年から73年、地球最北端の村でイヌイットの生活を学んでいる。

  無駄のない、それでいて余裕のある感じ^_^

 

  全く違う生活に驚くと共に、いまいち良さを上手く伝えられないもどかしさ。

  簡単な言葉で「犬ぞりって良くない?」と話しかけても、伝わらない。

  うーん。だからこそ読んでほしい。

  

  冒険家を特別な職業と思わずに、単純に自分だったらどうだろう?と想像してみたらいい。

  エスキモーの良さも、そうでないところも、理解できないことも、理解されないことも、自分の甘えや弱さも、失敗や成長も、淡々と書き連ねている。

  まるで風景のように。

  実際に行くための指南書ではなく日記に近い。

  

  やっぱり凄い。

  ただものではない。

  

  何かを成す人は、極上である。

  どんな風に話すのだろうと想像する。

  どんな声で話すのだろうと想像する。

 

 

  ☆

 

  台風の合間に

 

  お客さんのお家に行ったらヤギ?がいてビックリした。

  ずっとこっちを見ているので写真に撮らせてもらいました。

 

  f:id:sprighascome:20160915222331j:image

  f:id:sprighascome:20160915222421j:image