読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊牧民の食卓。まわれ扇風機。

日常
  昨日の話。
  夕方5時過ぎ、突然の雷雨。真っ暗になり、激しい雨が降り、近くに雷が落ちる。念のため、ブレーカーを落とす。蒸し暑い中、嵐が過ぎるのを待った。
  30分ほどですっかり通り過ぎて、晴れ間がのぞいた。
  
  約束していたけれど「雨が止んでから出るね」とメールした。約束を守るべきだけれど、家呑みだから。店で待たせて心細い思いをさせる訳でもない。私の到着が遅れるだけ。通り雨の為、遅れます。

  …夏だなぁー

  雨のあとに虹。
  「私、三重の虹を見たことがあるよ」と自慢する。
  虹の外側にうっすらと虹、二重の虹を指でなぞりながら、錯覚に違いない三重の虹を探す


  この田舎において奇跡的に(!)同世代が集い、鍋をする。
  夏に鍋。
  しかもエアコン入れずに大人7人。
  f:id:sprighascome:20140720181458j:plain
  すりおろしたヤマノイモという芋をのせる。お出汁に溶いてもいいし、そのままトッピングとして食べても美味しい^_^自然薯じねんじょのグローブ型です。相当に美味しい山芋です。
  f:id:sprighascome:20140720181703j:plain
  こんにゃく、豆腐、牛肉、大根、白菜、にんじん、椎茸。お腹に優しい味。はふはふ言いながら皆で完食。ごちそうさま^_^

  
  (青春じゃないけど)青春クサイなぁー。汗をかく。扇風機をまわす。


  うーん。
  1人は市職員、1人は団体職員、1人は期間限定市職員、、、あとは主婦とパート職員、1人無職。すごい取り合わせです、考えてみれば。
  わーわーと話をする分には友達感覚、世代が同じというだけで相当に楽。
  1人でなんでもできる人ばかりだから、それぞれに寛いでいて楽。

  いろんな人がいるよねー
  あの人、変わってるよねー

  インドに行った話とか、カナダに遊学した話とかも出てきて、妙に納得。
  付き合いやすいのは同世代に加えて、遊牧人種だからだろうな。
  さすらいの世代。なかでも遊牧民族。

  気の向くままに行き先を決める、そういうやり方をヨシとする。笑って認める。
  ワガママに見えるかもしれないけどそういう風に「なってしまう」。我慢することはストレスの骨頂。
  だから他人のワガママを普通に許せる。「ワガママで居てください」とさえ願う。
  
  それでそういう人に限って、相当に謙虚なのだ。謙虚なワガママなのだ。

  わーわー言いながら鍋をつつき、
  自分たちの自由を喜び、
  明日の不安を抱きつつ、今日のこの日・この場所で出会えたことに感謝する。

  
  ☆

  この笑顔は私のために
  私の笑顔は貴方のために