読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誘惑と挑発

 一気に読了。
「ナチュラル・ウーマン」松浦理英子。河出書房。1994年。

  読みやすかったし、かっこいいし、ストレートにわかるし、かつ文学的。何の文句もつけれないと思う。傑作でしょう。
  中上健次に褒められたらしい。
  …いやー、吉本ばななとか俵万智くらい売れてもいいのではないか??
  かなり完璧面白いと思う。

  最近では女性向けの官能小説が流行っているらしいけれど、コレを読んでからにしましょう。

  ☆

  内容でいえば、短編3つ構成。同じ登場人物が3作品に登場する。
  女の人が女の人に恋する話です。
  3作品通して読むとクラクラする。
  
  「私が好き?」と相手に問い、相手は「好き」と答える。それでスリッパで頬を叩く「嘘つき」と。
  また問う「私の事好き?」「好き」「嘘つき」スリッパで頬を叩く。その連続、そして抱擁、…みたいな。
  彼女は相手に触れてほしくてドキドキするのだけど、相手を信じてないのです。信じたいけど。そして相手も信じてないのです。
  ちっとも恋してない相手に身体を玩具として提供したり、食欲を恥ずかしいもののように扱ったり、それでいて男女のセックスをツマラナイものとして扱う。
  バイセクシュアルの花世は「男の垢にまみれている」と自分の性器を触らせない。また主人公の容子の性器にも触らない。池の前にある岩では遊ぶし、池の後ろの沼でも遊ぶけど、池には行かない。
  自分たちの遊びを発見して、耽ります。
  コクトーとか澁澤龍彦とか、そういう「遊び」ですよ。
 
 女だから。男に求められたらするのだけど、ただそれだけ。
  真に女だと自覚するのは、ナチュラル・ウーマンがわかるのは、、、、、という風に物語は締めくくられた。


  (↑この曲、完全に直球ストレートで、神々しいです。作品の真ん中にコレを据えて作品のタイトルまでしちゃう所が、なんか松浦さん可愛いな、と思います)



  恋をするのは身体の方で
  愛をするのは心の方
  (     さりげなく都々逸をキメる^_^)

  身体と心がバラバラになっても女は強い。
  欲望はエスカレートしてコントロールできず、色々な遊びを共有するけれど、できることは全てやりきってしまう。
  「もう貴方とできるのは別れる事だけ」と好きな相手に別れを告げる。
  関係を持つというのはスゴイな。
  いつも刺激し合うような新鮮な関係は、血を流すように壮絶だ。
  今までのものは準恋愛でしたごめんなさい、と謝る。変態趣味というのはいかにも人間らしい個性だなぁ、としみじみする。
  
  
  嫌われても構わないと、堂々としている。嫌いになってごらんと、挑発する。
  怒ってごらんと、挑発する。
  
  いいなぁー。