読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スノーシュー登山、やってみた。

探検 日常 豊かさ

 記念すべきスノーシューデビュー❤︎❤︎❤︎

  f:id:sprighascome:20170123211153j:image

  大雪。21日日曜日、十種ヶ峰でございます^_^

 

  知らないことだらけで、わりとのんびりと構えていたらコレですよ。無知な私たちは、折りたたみ傘を持ってきてみたり、折りたたみ椅子を持って来てみたり。。。…うむ、知らないっていうのは最強です!

 

  ホワイトアウトまではならないけど、地図&コンパスみる余裕なんてないし、道がわからん。文字通りの道なき道をずんずんと行く【危険な遊び】です。

  一緒に山登りするのは2度目のHさんと、山岳会会長のSさんの3人で。Hさんと私はスノーシューデビューだったので、ずっと興奮状態。

  「わー、髪の毛凍った!」

  「樹氷のナリカケだ!    ツララだ!  雪崩だ!   遭難だ!   うわー!」

  「  (雪表面を形容)こっちは片栗粉みたい!    こっちは小麦粉みたい!    こっちは上白糖みたい!」

  f:id:sprighascome:20170123212213j:image

  

  サラサラのできたてほかほかの雪なのですごく綺麗。

  30センチくらいだろうか?影の溜まる場所なんかだとズポッとハマってしまう。

  スノーシューを上手く操れず転んでも痛くないので、ついコロコロと転がってはしゃいでしまう。

 

  f:id:sprighascome:20170123213008j:image

  ストックを両手で持ち、リズムをつけて登る。先頭が道を掘るので一番キツく、続いて二番目、最後の人が一番楽に歩ける。順番を交代しながら疲れないように列になって歩く。

  下り道は滑るので、新雪を踏みながら歩いた方が良い。下り道はGメンのように横に連なって歩いたりする。

 

  f:id:sprighascome:20170123213517j:image

  スキー場脇を歩かせてもらう。スキー&スノボーも楽しそう^_^

 

  山頂の少し過ぎた辺りでツェルトを張り、ラーメンを作る。美味い^_^暖かい^_^幸せ〜〜山で食べるラーメンは本当に美味しい。

  f:id:sprighascome:20170123213921j:image

  ……お見せできないのが残念です。。。

 

  f:id:sprighascome:20170123214023j:image

  橇ぐらいだったら。。。

  スキー場を通るのでつい滑りたくなってしまう。携帯していたビニールで滑ってみた。そこそこ滑る…。ちょっと楽しい…。

  やっぱ橇いいなぁ…。

 

  近くを歩いていた子供に話しかけてみる。「私のビニール貸してあげるからさぁ。ちょっとその橇貸してくれん?」

  子供(M君、小学二年生)は鼻に雪をつけたまま快く貸してくれた。

  つい仲良くなって競争とかしてしまった。今度は雪合戦しようねー!と手を降って別れた。

  f:id:sprighascome:20170123214537j:image

  橇遊び風景

  

  また行きたいなぁー。

 

  雪の中を歩くのは、なかなかに異世界で楽しいです^_^