読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

振り向けば妖怪。

探検 日常 浮遊 豊かさ

  四国の真ん中、山城に行って来ました。

  大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)

  大股で歩いても危険小股で歩いても危険、というのが地名の由来だそうです。

  f:id:sprighascome:20160924185027j:image

  絶景。。。。

  日本の秘境です

 

  かずら橋とか有名ですよね。

  反対側に渡るのにかずらで編んだのですよ。

  f:id:sprighascome:20160924185234j:image

  ワイヤーで補強してあったりもするのですが、かずらがちぎれていたり、板も思ったより細くて消耗していて落ちそう。バキバキッといってしまいそう。

  実際に渡ってみると怖いです。

  補強してあるワイヤーだって細いんです。落ちるーーー

  f:id:sprighascome:20160924185534j:image

  

  f:id:sprighascome:20160924185628j:image

  とにかく平面がない。

  道路も岩の上にある。

  家とか店も岩の上に建っている。ちょっとしたバス停さえも絶壁にある。

  お尻がムズムズするような高所にちんまりと建っている。標高の高い天空の集落です。(天国に近い空の斎場)という葬儀屋の看板を見つけて笑いました。

  f:id:sprighascome:20160924190045j:image

 

  なので、自然災害で死ぬ人が沢山いたようです。大雨台風は洪水や土砂崩れに繋がる。危険な場所も沢山ある。

 

  そして此処は子泣き爺発祥の地。

  妖怪の伝説が他にも数多くある。

  自然と共に生き、自然の怖ろしさも恵みも直に感じるからこそ、人間の小ささとか愚かさなんかにも此処に暮らす人々は敏感なのではないだろうか。

  怖いけれどもどこかユーモラスで存在感のある妖怪たち。

  山深いこの土地では、人間の方が肩身が狭い。妖怪の伝説、もっと聞きたくなりました^_^道の駅には可愛いらしい人形たちが、、、

  f:id:sprighascome:20160924190724j:image

  f:id:sprighascome:20160924190818j:image

 

  f:id:sprighascome:20160924212314j:image

  つい。道の駅に併設の妖怪屋敷に入ってしまいました^_^

  f:id:sprighascome:20160924212423j:image

  うどんを食べるタヌキの妖怪。

                         、、、、妖怪っていうか……タヌキさんでは?

 

  f:id:sprighascome:20160924212617j:image

  f:id:sprighascome:20160924212654j:image

  f:id:sprighascome:20160924212740j:image

  いいなー妖怪。

  秋には妖怪祭りをするそうです。とっても楽しそう^_^

  この環境だからこそ信憑性も増すし、逆に居ない方がおかしいよね

 

  f:id:sprighascome:20160924213808j:image

  f:id:sprighascome:20160924213857j:image

  f:id:sprighascome:20160924214240j:image

  

  祖谷蕎麦も有名。美味しい。

  鮎、アマゴ、コンニャク、美味しかったです^_^

  平家の落武者が隠れ住んでいたという言い伝えもあります。

 

  ☆

 

  f:id:sprighascome:20160924212946j:image

  f:id:sprighascome:20160924213158j:image

  タヌキモチーフ、可愛い^_^そして多い気がする。。。。

 

  ☆

 

   f:id:sprighascome:20160924213511j:image

  瀬戸大橋

台風接近中。

日常 豊かさ

  f:id:sprighascome:20160917205620j:image

  津和野。

 

  お。SLが来たぞ。

  f:id:sprighascome:20160917205832j:image

  f:id:sprighascome:20160917205923j:image

  f:id:sprighascome:20160917211338j:image

  

  シュコシュコシュコと列車がやって来る。

  平和だなー。

 

  森鴎外記念館にも行ってみました。

  f:id:sprighascome:20160917210352j:image

  f:id:sprighascome:20160917210407j:image

  (電線がちょっといけない、、、)

  森林太郎って、賢いし仕事できるしロマンチストだし、すごいです。センスがあるのかな。上手くできる人って感じです。

  ただの石見の人として死にたいと言葉を残して死んで、ここ津和野にお墓があります。

 

  稲刈り真っ最中。

  もうすぐ台風が来るかもしれないということで農家の皆さんは殺気立ってます。しかも孫の運動会。。。。祭りもあるし敬老会もあるし。。。。

 

  (そんな時にのんびり温泉に行きました^_^極楽極楽。すべすべです❤︎

 

  

  ☆

 

  帰りの道の駅でもSLに出会えた

  f:id:sprighascome:20160917211431j:image

  f:id:sprighascome:20160917211544j:image

  汽笛を「ぴよーーーー!ぴよーーーー!」と鳴らす。

  今から出るぞ!出るぞ!と期待を煽って、煙を上げて、ライトを灯して現れる。

  お客さんも運転士さんも車掌さんも、満面の笑みで手を振ってくれる。

  私も勿論満面の笑みで手を振る。

  パレードのようだ。

  親子連れやカップルや気まぐれな人や店員さんがSLに向かって手を振る。

 

  平和だ。

 

  f:id:sprighascome:20160917213755j:image

  さよーーなーらーーー

 

  (船から紙テープを投げて手を振るのも大好きだ。気球とかヘリとか見るとつい手を振ってしまう。おーーーーーい

 

 

  ちょうど稲刈りの時期で、稲穂の黄色と彼岸花の赤で、のどかな風景に拍車がかかる(文字通り、ダブルミーニングで、いやーうまい事言っちゃったな^_^)

  アマチュアカメラマンは真剣にカメラを握る。

 

 

  f:id:sprighascome:20160917211417j:image

  f:id:sprighascome:20160917212952j:image

  f:id:sprighascome:20160917213024j:image

  立ち枯れのアジサイに混じって。

  狂い咲きのアジサイ。空の色が違うのに気づいて淋しくなったりするのかな?

  (それとも品種改良が進んで二期咲きだったりするのかな?バラみたいに)

 

  台風接近中。先週庭に植えたフジバカマが心配です

名著「極北に駆ける」を読んだ。

日常 読書

  「極北に駆ける」植村直己。文春文庫。2011年。

 

  カッコイイ。

  前向きで努力家、ユーモラス、情熱的。

  

  冒険家の植村直己さんが、犬ぞりによって北極大陸を横断する話。72年から73年、地球最北端の村でイヌイットの生活を学んでいる。

  無駄のない、それでいて余裕のある感じ^_^

 

  全く違う生活に驚くと共に、いまいち良さを上手く伝えられないもどかしさ。

  簡単な言葉で「犬ぞりって良くない?」と話しかけても、伝わらない。

  うーん。だからこそ読んでほしい。

  

  冒険家を特別な職業と思わずに、単純に自分だったらどうだろう?と想像してみたらいい。

  エスキモーの良さも、そうでないところも、理解できないことも、理解されないことも、自分の甘えや弱さも、失敗や成長も、淡々と書き連ねている。

  まるで風景のように。

  実際に行くための指南書ではなく日記に近い。

  

  やっぱり凄い。

  ただものではない。

  

  何かを成す人は、極上である。

  どんな風に話すのだろうと想像する。

  どんな声で話すのだろうと想像する。

 

 

  ☆

 

  台風の合間に

 

  お客さんのお家に行ったらヤギ?がいてビックリした。

  ずっとこっちを見ているので写真に撮らせてもらいました。

 

  f:id:sprighascome:20160915222331j:image

  f:id:sprighascome:20160915222421j:image

 

9月11日

探検 日常

  f:id:sprighascome:20160912214214j:image

  f:id:sprighascome:20160912214328j:image

  アケボノソウ

 

  f:id:sprighascome:20160912214415j:image

  サワギキョウ

 

  f:id:sprighascome:20160912214455j:image

  シラヒゲソウ

 

  f:id:sprighascome:20160912214544j:image

  びっちゅうふうろ

 

  f:id:sprighascome:20160912214631j:image

  つりふねそう

 

  f:id:sprighascome:20160912214732j:image

  きせるあざみ

 

  f:id:sprighascome:20160912214814j:image

  みぞそば

 

  f:id:sprighascome:20160912215052j:image

  トリカブト

 

  f:id:sprighascome:20160912223816j:image

  ミヤマママコナ

 

  ☆

 

  f:id:sprighascome:20160912223735j:image

  ふしぐろ

 

  f:id:sprighascome:20160912214920j:image

  アザミ

 

  f:id:sprighascome:20160912215003j:image

  かわらぼうふう

 

  f:id:sprighascome:20160912215222j:image

  きゅうしゅうこごめぐさ

 

  f:id:sprighascome:20160912215301j:image

  はばやまぼくち

 

  f:id:sprighascome:20160912215338j:image

  マツムシソウ

 

  f:id:sprighascome:20160912215428j:image

  げんのしょうこ

 

  f:id:sprighascome:20160912215536j:image

  シラヤマギク

 

  f:id:sprighascome:20160912215651j:image

  ホトトギス

 

  f:id:sprighascome:20160912215730j:image

  ウメバチソウ

 

  f:id:sprighascome:20160912215859j:image

  ほくちあざみ

 

  f:id:sprighascome:20160912220028j:image

  オミナエシ

 

  f:id:sprighascome:20160912220200j:image

  うど

 

  f:id:sprighascome:20160912220618j:image

  f:id:sprighascome:20160912220719j:image

  f:id:sprighascome:20160912220849j:image

  ツクシハギ、ヤマハギ、マルバハギ

 

  f:id:sprighascome:20160912221131j:image

  オケラ

 

  f:id:sprighascome:20160912221238j:image

 

  f:id:sprighascome:20160912221342j:image

  のぎらん

 

  f:id:sprighascome:20160912221534j:image

  のだけ

 

  f:id:sprighascome:20160912221609j:image

  サワヒヨドリ

 

  f:id:sprighascome:20160912221728j:image

  しゅろそう

 

  f:id:sprighascome:20160912221835j:image

  f:id:sprighascome:20160912222122j:image

  f:id:sprighascome:20160912222236j:image

  飛べそう

  f:id:sprighascome:20160912222019j:image

  

  f:id:sprighascome:20160912221902j:image

 

  f:id:sprighascome:20160912222441j:image

  てくてくと歩く^_^

 

  

  

読む人と読まない人。

吐き出したもの 読書 日常

 

  2日間の連続研修でした。

  合間の休憩で、特に話して情報交換などしたい人はいなかったので、ひたすら読書していました。

  特に隣に座った人とは話したくなかったのです。

  あまりにも一方的に押し付けしてくるし、質問してもはぐらかしてストレス溜まるし、間違っているし、長いし。無視するのが一番^_^

  …というわけで、読書を決め込んでいました。

  

  1日め。

「死のドレスを花婿に」ピエール・ルメートル、訳・吉田恒雄。文春文庫。2015年。

  

  「その女アレックス」があまりにも面白かったので、同じ作者の作品。

  コレも「まさか!まさか!」の展開で、途中の主人公の境遇がグロいほどにキツイ。こんな事されたら狂う。サイコです。

  どんどん読ませてしまうのでエンターテイメント性は高いけど、サイコです。

 

  2日め。

  高野秀行の本。

  こちらは旅の行程など、ドキュメンタリーです。西南シルクロードを辿ることは果たしてできるのか?的な。

  

  読書していたら、私の隣の人が話しかけてきた。

  「何読んでるの?見せて」

  (何読んでいたっていいじゃないか)

  

  おもむろに本を手にとり、

  「何これ?」

  (しかたなく)

  「ドキュメンタリーです」

 

  「こんなに分厚い本、読めんわー」

  (分厚くないし、文庫だし)

 

  「よぅ頭に入るね」

  (そんなに複雑じゃないし)

 

  「私なんか読めん。集中できん。すげーね」

  (      、、、……)

  と本を返された。

 

  本が読めるほど集中力があるからすごいのか、集中して本を読んでいる事象がすごいのか、もう何が言いたいのかわからない。

  私からすれば純粋にエンターテイメントなわけで、意識が遠のきそうな研修の貴重な息抜きなのですよ。

  

  これが高野秀行ではなくてルメートルだったら理解されたのか?…ノン。

  例えば内容をかいつまんで説明してほしかったのだろうか?…ノン。

  どこがどういう風に興味深いのか、知識として蓄積されていくのか、意見や感想を話してもらいたかったのだろうか?…ノン。

  「よくわからないけどおだてておこう」…ウィ。これがこの人の真意ではないだろうか。

 

  その人には本を読む習慣はなくて、「本を読むイコール勉強」なのでしょう。

  私にはテレビをみる習慣がないので(ニュースくらいはみる)、「テレビを見るイコール暇」という等式が入るように。

  それでも、忙しくてもわざわざ時間を一生懸命つくってテレビをみる人だっている。

  私だって、わざわざ時間を割いて本を読んでいるんだ。

 

  なんとか読書している事に対してコメントしようとして、「頭いいんですね」とか「難しそうですね」とか「えらいね」みたいな事を言われると非常に腹がたつ。

   

  読書というのは最も受動的でお手軽な快楽だ。

  読書してから読書感想文を書いたり、批評したり、自分でも書いてみたりするならば多少は能動的な快楽になるけれど。読書それ自体はナマケモノの極みのような日陰の楽しみだ。

 

  美術品鑑賞とか、音楽鑑賞なんかも受動的快楽だけれど、自分の感覚と向き合うのだから読書よりも体感レベルは高いように思う。

  体感レベルで言えば、想像力を働かせる、言語リズム、音読、視覚認識くらい。やっぱり自堕落な気がしてしまう。

  趣味としても、魚釣りやモノづくりやボランティアのように役に立つわけではない。登山やサーフィンやジョギングのように健康に良いわけでもない。

  旅行のような気分転換に過ぎない

  (旅行好きな人は無条件に旅行が好きだけど、旅行しない人は全くしない。読む人と読まない人と同じように、全く別世界の住人のようだ)

 

  お金が儲かるわけでもない。

  仲間ができるわけでもない。

  爽快感や達成感は、あるとしてもちょっっっぴりだ。

  エネルギーを消費するわけでもない。

  情報が新しいわけでもない。

  公平で正しいわけでもない。

 

  フランスの猟奇的なサイコや高野さんの珍道中を読んだからって、何にもならない役に立たない。自分を楽しませているだけだ。

   

  だから放っておいてほしい。

  テレビみてる人に「暇なんですね」と話しかけるようなものだ。

  モトクロスやスケボーする人に「危なくないですか」と話しかけるようなものだ。

  旅人に「逃げ?」と話しかけるようなものだ。

 

  そうさ。逃げだよ。

  だから放っておいてよね!

 

 f:id:sprighascome:20160907221137j:image

 f:id:sprighascome:20160907221250j:image

  

  

ヤモリの手 ぷくりと膨れた シルエット 夏の終わりに 夜の静謐

日常

  f:id:sprighascome:20160830213246j:image

  製作中。。。カフェテーブルになる予定。

 

  f:id:sprighascome:20160830213316j:image

  こちらは床を製作中。。。パズルって心弾む^_^

 

  f:id:sprighascome:20160830213505j:image

  猫トイレの中にヤモリ。何故か右前足を挙げている。どいうこと??

  …というわけでつついてみる。

  f:id:sprighascome:20160830213733j:image

  目が合っているような。。。右前足は何だったんだ。

  もし私が猫だったらアンタ嬲り殺しだよ?

  そしてヤモリは何故猫トイレを安住の地とするのか?不思議だ。

 

  ☆

 

  岸本さんは言った。

 「私は日々戦っている」

  うーむ。カッコイイ。。。

 

  何かをやろうとする事は決まりきった世の中では簡単ではない。

  決まりきった事って必ず腐るんだよな。

  何かをやろうとする事の方が大変だけど、新鮮だし面白いよね。

 

  だから戦いって楽しいんだよね。

 

  やりたい事があるならそれは幸せなこと^_^

  失敗したっていいから、どんどんやってみるといいよね^_^

 

  f:id:sprighascome:20160830214956j:image

  f:id:sprighascome:20160830215036j:image

  

「その女アレックス」を読んだ。

読書 豊かさ

  「その女アレックス」ピエール・ルメートル、訳橘明美。文藝春秋、2014年。

 

  2011年にフランスで発表された犯罪小説で、イギリスの英国推理作家協会の賞を受賞している。

 

  おもしろかった。サスペンス。

  色々と「驚愕のラスト」とか「壮絶な秘密」とか「大どんでん返し」みたいな触れ込みのある作品だったけれど、それを半ば折り込んで読むのだけど、やっぱりおもしろかった。

  アレックスに関して悲惨な過去がある訳だから、読者だって半ば想像はして読むのだけど、おもしろいという感想は不謹慎なのかもしれないけど、やっぱりおもしろかった。

  うーむ。エンターテイメントです。

  

  絵として綺麗なんですよね。

  場面が。語弊はあると思うのだけど。

 

  悲惨さが絵になる、というか。

 

  ああ、そんな風な孤独な夜か、、、と、ついうっとりとしてしまう。 

  絶望なのか達成感なのか、ボロボロになる具合が、あまりに常軌を逸しているのでどんどんと読み進む。

  アレックスはどんどんと進む。傷つきながら、やるべき事をなしながらどんどんと進む。

  その進む姿というのも、絵として美しいのだと思う。

 

  登場する刑事たちが非常によろしい。小男、大男、金持ち、倹約家、の4人組である。

  滑稽なのにクール。

  カッコイイ刑事たちではなくて、クセモノ揃いでデキル奴等みたいなのがいい。

  人情物語ではないのに、変に踏み込んでいて、変に感動的だ。

  沢山の彼らの描写がある訳ではないのに何故だか納得してしまう個性、関係性。

  クールです、とっても^_^

 

  アレックスにまつわる事件と、刑事たちの解決方法が上手い具合にミックスされて、なかなかに映画的。

  妙にフランスっぽくも感じました。

  映画化されたとしても、フランスの暗い路地でなければ絵にならない気がします。

  

  推理小説という意味で読むより、刑事小説として読む方がいいかな。

  巧みな仕掛けはあるけれど、謎解きはオマケみたいなものです、、、

 

  推理小説って幅が広い。

  確かにビックリする。

  「私が本当にビックリしたのは、、、」とついつい言いたくなるのは、「最後のページのアソコが、、、、」と言いたくなるのは、やっぱりこの作品の原動力で、最高にクールな魅力であると思う。

 

  読書が好きな人には、是非、手にとってもらいたい作品です^_^

  

  f:id:sprighascome:20160824195453j:image

  トウガラシ収穫しました。可愛い^_^