誘惑と挑発

 一気に読了。
「ナチュラル・ウーマン」松浦理英子。河出書房。1994年。

  読みやすかったし、かっこいいし、ストレートにわかるし、かつ文学的。何の文句もつけれないと思う。傑作でしょう。
  中上健次に褒められたらしい。
  …いやー、吉本ばななとか俵万智くらい売れてもいいのではないか??
  かなり完璧面白いと思う。

  最近では女性向けの官能小説が流行っているらしいけれど、コレを読んでからにしましょう。

  ☆

  内容でいえば、短編3つ構成。同じ登場人物が3作品に登場する。
  女の人が女の人に恋する話です。
  3作品通して読むとクラクラする。
  
  「私が好き?」と相手に問い、相手は「好き」と答える。それでスリッパで頬を叩く「嘘つき」と。
  また問う「私の事好き?」「好き」「嘘つき」スリッパで頬を叩く。その連続、そして抱擁、…みたいな。
  彼女は相手に触れてほしくてドキドキするのだけど、相手を信じてないのです。信じたいけど。そして相手も信じてないのです。
  ちっとも恋してない相手に身体を玩具として提供したり、食欲を恥ずかしいもののように扱ったり、それでいて男女のセックスをツマラナイものとして扱う。
  バイセクシュアルの花世は「男の垢にまみれている」と自分の性器を触らせない。また主人公の容子の性器にも触らない。池の前にある岩では遊ぶし、池の後ろの沼でも遊ぶけど、池には行かない。
  自分たちの遊びを発見して、耽ります。
  コクトーとか澁澤龍彦とか、そういう「遊び」ですよ。
 
 女だから。男に求められたらするのだけど、ただそれだけ。
  真に女だと自覚するのは、ナチュラル・ウーマンがわかるのは、、、、、という風に物語は締めくくられた。


  (↑この曲、完全に直球ストレートで、神々しいです。作品の真ん中にコレを据えて作品のタイトルまでしちゃう所が、なんか松浦さん可愛いな、と思います)



  恋をするのは身体の方で
  愛をするのは心の方
  (     さりげなく都々逸をキメる^_^)

  身体と心がバラバラになっても女は強い。
  欲望はエスカレートしてコントロールできず、色々な遊びを共有するけれど、できることは全てやりきってしまう。
  「もう貴方とできるのは別れる事だけ」と好きな相手に別れを告げる。
  関係を持つというのはスゴイな。
  いつも刺激し合うような新鮮な関係は、血を流すように壮絶だ。
  今までのものは準恋愛でしたごめんなさい、と謝る。変態趣味というのはいかにも人間らしい個性だなぁ、としみじみする。
  
  
  嫌われても構わないと、堂々としている。嫌いになってごらんと、挑発する。
  怒ってごらんと、挑発する。
  
  いいなぁー。
  
  

ケア。

  私の右手は今、非常に荒れている。
  (主婦湿疹と言う人もいる。…主婦失神と変換されて画面見てハハハハと笑う、笑い過ぎ)
  
  水泡ができて膨れて潰れてベタベタして痒くなる。乾いてカサカサになる。ヒビ割れして血が出る。爪はガタガタに生える。
  症状が治りかけると、痒くなり、掻き壊してしまう。治りかけの頃が一番注意が必要だ。

  朝起きた時など、非常に痒い。
  身体の温度が高いようなポカポカしている状態の時。
  眠いなー、とボンヤリしながら掻き壊してしまう。
  耐えられない。血が出るまで掻いても、痒みには耐えられない。なので治らない。血が出てボロボロでも、その方がマシなのだ。
  お湯を使って手がふやけている時も、要注意だ。皮膚が柔らかくなっているのですぐ血が出る。
  季節の変わり目も良くないのだろう。一気に広がるのは大抵は秋か春。
  
  この秋、症状が広がってしまい、目立って荒れた。
  その手に気がつくと、皆、顔をしかめる「どーしたん?痛そうー」「ヒドイね、その手」「アカギレ?」「すごい荒れてるね」

  昔。
  確か高校生の時も、確か23か4の歳の時も、左手にできていた。
  痒い→流血→治りかけ乾く→痒い、の繰り返しで慣れてしまった。
  皮膚科で処方してもらった塗り薬はベタベタする(今頃は飲み薬もあるのかもしれない)
  仕事中は塗りたくないし、水を使えば落ちるし、なんだか手を気にしている余裕なんかなくて、気まぐれにハンドクリームを塗ったりしてた。手って、とにかく使うのだよ。
  ……、そして、いつの間にか治っていた。

  本人は慣れた症状なので慌てないのだけれど、フツーに多分、ヒドイのだろう。

  あまりに慣れた症状で、手強いのも知っているし、いつの間にか治ったりするのも知っているから、本気で「治そう!」とも気張らないのですよね。
  みっともないかもしれないけど。

  慣れって…、

  そう。若い頃には「みっともない」という発想がなかった。
  これは一つの発見だけど、「働く手」「皮膚科にかかるべき手」「荒れた手」という手は、まとめて「ケアされない手」なのだ。

  私は花屋で働いていた頃「緑の手」グリーンフィンガーズだった。
  葉をむしるので、石鹸で洗っても洗っても緑色が手に残る。英語で言う場合、文字通りなのだけど、植物に長けた人という意味になる。今では園芸用手袋をする人もいるだろうし、密着度の高いビニールの手袋をする人もいるみたい。
  私は花束や生花アレンジつくる時は素手でないと作れなかった。直接触らないと、できなかった。
  なので、手は緑色に染まる

  緑色でも、荒れていても、さして気にならなかった。忙しかったし、若かったし。
  そういう仕事だったし。

  f:id:sprighascome:20141120183946j:plain

  指先まで。
  本来。自分の身体なのだからケアされるべきだ。
  
  デコレーションまでする必要はないと思うけど。
  毎朝顔を洗って化粧するのと同じ程度にケアするのが嗜みだと思う。
  
  ☆

  乾燥肌なので、髪を毎日洗わない方が良いとアドバイスされた人がいる。
  その人は、汚れていないのかもしれないけど、毎日洗わないと寝れないと言う。痒いような気がして眠れないと言う。

  また違う人が。
  自分は髪が多くフンワリと膨らんでしまうので、髪を洗わないことは2日3日あると言う。ペッタリとした自分の髪が好きだと言う。
  (匂わないので言われなきゃわからない。2日目でも3日目でも)


  そんな事を言い出したら、男の人は慌てるのではないか?
   貴方たち、トイレで手を洗っているの?

  ハンカチ持っている男の人はあまり見ないし。

  ズボラげな男の人は、自分の汚さを自覚してないのだと思う。
  潔癖さを求めているのではない。
  汚いかもしれない、汚いと思われるかもしれない、と想像できる人の方が良い。

  生きてるだけで汚れます、子供も大人も老人も、男も女も。

  
  ☆

  顔に化粧をするように、手はケアした方が良いだろう。

  清潔さが何よりポイントで、自分に慣れてしまわず、相手に嫌われるかもしれないと想像してみると真剣味が増す。

  忙しさを言い訳にしてはいけない。
  
 
  

答え探し。


  只今、読書中。

  『ソロモンの偽証』宮部みゆき。新潮社。2012年。

  分厚いですよ。700ページ超えのハードカバー本、三冊ですよ。
  今は二冊めの200ページあたり。

  中学生が事件にウンザリしたので頑張る話。(今のところ)

  学校内のイジメやカースト制によって引き起こされた(のかもしれない)自殺、ひきこもり、傷害事件、を中学生の目線で描いてみる試み(まだ読了してないので…すいません。憶測です)
  複数の目線で描くことによって、他者が他者をどう捉えているのか、感じ方や認識の差を鮮やかに見せてくれている。
  中学生ばかりではなく、様々な職種の大人が絡んでくる。先生たち、警察、保護者たち、マスコミ、弁護士、自営業、サラリーマン、探偵、近隣住民、、、。大人に囲まれた中学生たちは、こんなに不自由で、こんなに保護され大事にされているのだなぁ、と思う。
(成人として、自由である事の責任なんかも感じちゃいますね^_^)

  普段の生活では、彼等は校内のカースト制もさして気にならないのだけど、事件後はモヤモヤと大人たちへの不信感や不満を貯めていき、カーストを超えて団結して、自分たちで解決していこうと動いていく。

  この物語の流れ、さすが宮部みゆき

  主人公らしい女の子が怯んだり不安になっても、立ち直っていきます。
  この過程こそが大事なのです。

  一人一人の心の闇も鮮やかで、推理小説というよりは社会小説。現代の悪癖、犯罪の始まり、子供の邪悪さ、大人の無責任、関係の希薄さ、が体感できます。

  一人一人がどう相手に働きかけ、どう相手に応えるか。相手は何を期待し、何を与えるか。
  言葉の後ろにある気持ちは何か?
  どういう結果を望み、そのためにできる事は何か?
  相手のために何ができるか?

  主人公らしい女の子は自分のやるべきことを見つけ、真っ直ぐに歩き出したのだけど。なかなか前途多難です。

  彼女たちは、イジメの有る無し、自殺の原因追求、問題追及、内容の真偽に重きを置いていない。
  犯人探しや勝ち負けではない。
  答えを探している。
  正答を探しているのではなく、自分たちで出す自分たちだけの答えを探している。
  皆の話を聞いて、皆で考えようとしている。

  …読んでて、登場人物の立場、論の進め方、が面白いです。
  理解しあった許しあった、と思ったら押さえ込もうとしたりして。
  人は一人でいられない。必ず社会は形成される。
  群れ方にも色々とあって、良い群れ方・悪い群れ方があるのだなと痛感します。

  完璧に形成され、成熟した社会でも、「正答」を強要するとたちまち腐る。
  流されてもダメ、都合を合わせるのもダメ、待っていてもダメ。…「正答」でもダメ!!


  結末より経過が大事な本。
  「正答」探しに忙しい人は多いから、こういう本はガンガン売れてほしい。
  
  そんな事を読みながら考えている。


 
  

紅葉。

  f:id:sprighascome:20141116152751j:plain
  f:id:sprighascome:20141116152814j:plain
  f:id:sprighascome:20141116152839j:plain

  奥津和野。掘庭園の紅葉。
  良かったです^_^

  ☆

  津和野駅周辺ではお祭りだったようで、今までで一番観光客人口が高かった。
  レンタサイクルで観光している人もいた。
  山口名物のSLも汽笛を鳴らし煙をもくもくとたてて、ゆっくりと堂々と走っていた。


  津和野駅からおよそ10kmほど離れた場所にある掘庭園。
  紅葉ばかり植えてる。堀さんは、よほど紅葉がお好みだったのだろう。

  紅葉の絨毯
  
  f:id:sprighascome:20141116153913j:plain
  f:id:sprighascome:20141116153936j:plain
  f:id:sprighascome:20141116154003j:plain

  踏まれるのが惜しい綺麗な葉っぱを、飾るようにチョンと置く。
  山歩きしてても、そんな事をする人が好きだ。
  そういう仕草をする人と歩くのが好きだ
  f:id:sprighascome:20141116154319j:plain
  誰が置いたのかな?

  f:id:sprighascome:20141116154416j:plain
  f:id:sprighascome:20141116154508j:plain

  大きなレンズのカメラを持ったおじさんが、満面笑みを浮かべていそいそと歩いていた。
  「ヤッタ!ヤッタよ!」という顔をしている。
  趣味で写真を撮っているのだろう。彼のワクワク感がこちらにも伝わってくるようで、嬉しくなる。
  構図とか光線とか色々とあるのだろうけど、全身で「わぁー!綺麗!」と感じいっている。
  カメラを趣味にする人は、実は写真の出来栄えテクニックうんぬんではなく、「わぁー!綺麗!」が先なのかもな。感動したい衝動が強くて、出会い優先の行動派なのかもしれない。
  
  f:id:sprighascome:20141116160432j:plain
  f:id:sprighascome:20141116160344j:plain
  
  陽に透ける紅葉は、眩しかった。


  

干し柿の神様。


  f:id:sprighascome:20141113204838j:plain

  柿が真っ赤に熟している。

  軒に渋柿を吊るして干し柿をつくる。
  皮を剥いて風にあてて乾燥させる。カビないように注意する。風にあて過ぎると硬くなる。
  カラスも見向きもしない渋い柿が、どうしてこんなに美味しく甘くなるか不思議でならない。パックに入って売られている物とは違う。手作りのジューシー感がスゴイ。歯ごたえも素朴で、味が均一でないのが良い。皮周辺、種周辺、果実らしく味が重層だ。
  萎んだ干し柿を台所で味見でつまんで、あんまり美味しかったのですかさずもう一つ、立ったまま食べる。
  
  美味しいものには抗えない力があって、誰にも内緒で当然のようにつるんと食べてしまったりする。

  妖怪の仕業ではないか、と…、思ったりする。

  取り憑かれたようになるから。

  意識はあるけど身体が勝手に動いてしまうし。

  いやいや。干し柿の神様かな?
  この魅惑の果実の味を知ったなら、せっせと干し柿を作れというご信託なのかもしれない。


  焼酎につけるアワセガキというのもある。これは貰い物だけど、干し柿に匹敵する美味しさだ。
  
  大人の味。じゅくじゅくで美味しいです^_^
  

身分、旅人。


  なおみちゃんの話。
  なおみちゃんは平成2年生まれ、24歳。
  
  すらっとしたスタイルの女の子。東京生まれ東京育ち。
  現在無職。

  身分は旅人。

  住民票は東京のままなので、正職員で職探しできない。

  山口での床宿は、彼氏の家。押しかけ女房をしている。

  彼氏と同棲生活な訳だけど、彼氏の住所は履歴書に書けない。
  彼氏は三年間の定期契約労働者で、住居は低価格な賃貸物件を提供されている。単身用だ。

  彼女はアルバイトをしているけれど住民票がない者を雇っていいのかわからない硬めの職場なので、「無職」にしといてもらった方が安全。

  彼氏の仕事を手伝っているのは周知の事実なのだけど。書類上、何もない。

  生活は楽しく充実しているだろうと思われる。貯金を切り崩しているのか、彼氏に養われているのか、謎なのだけど。思いつめた感もないし、バイト代で何とかなるのだろう。…うーむ、だけどなぁ、、。
 
  多分、彼女が望んでいるのは「結婚→出産→家庭」なので、正職員で雇われて住民票もこちらに移す、となかなかなれないのだろう。正職員で自活して彼氏と対等の立場で付き合うという選択肢は彼女にはない。自由時間が減るもの。
  それに二年経ったら彼氏は移動してしまうかもしれない。
  彼女の場合、山口に思い入れがあってのIターンではない。彼氏と一緒にいたいから東京を離れているのだ。

  彼氏が三年間の契約を終えて東京に帰ったとしても、彼女は東京で気持ちも新たに就職活動するのかもしれない。でも履歴書に空白の三年間ができる。
  
  郵便物は実家のある東京に届くのだろう。税金、保険料、銀行等の利息の知らせ、、、諸々。
  
  恋に生きててスゴイなぁー、と思うけど。バイトしていても無職と書かなきゃいけないし。車は?…多分無いよね。山口では車は一人一台です、家庭で一台なんて不便。だからまぁ、常に二人行動になる。
  拠り所が彼氏しかない、というのが、どうにも可哀想(というか不便)
  
  遠距離恋愛するつもりもない。
  籍を入れるつもりもない。
  Iターン正職員するつもりもない。
  履歴書に空白の三年間ができても、彼氏と一緒にいたいのです。

  f:id:sprighascome:20141111000349j:plain
  
  無謀な旅のようにも見えるだろう。

  (別れちゃったら、ダメになったらどうするの?)

  飽きたら止めたらいい、というものでもない。生活変えちゃってるから。
  海外を放浪して世界の広さを体験してます!って訳でもないけど、それぐらい自分の人生を賭けちゃってる。


  恋している時には
  終電が無くなっても平気なのだ。
  知らない街にいても
  彼氏と手を繋いで歩けば怖くないのだ。
  夜の闇がちっとも怖くないのだ。
  恋している時には
  ずっと一緒にいたいものだ。

  
  (仔犬のように後ろをつき歩くより、もしもなおみちゃんが自立しちゃったら…彼氏の方も籍を入れたくなるのじゃないかなー…、なんて思う。一緒にいる時間は少なくなるだろうけど。
  ずっと一緒にいたいから結婚→出産→家庭を望むのだろうけど。女性の手段で。

  夜に知らない街で手を繋いでいるだけでは、先には進めないように思われる)

  
  旅を楽しむように今&ココを楽しんでいるのだろう。
  恋を楽しんでいるのだろう。
  安全な旅なんて、老人向け宴会バスツアーだ。
  旅はそもそも無謀なものだ。

  そもそも本来、恋って相当に無謀なものだ。



  

カオス。

  f:id:sprighascome:20141109123427j:plain
  ここの九穀米ランチ、日替わりで890円。美味しいです^_^
  食後のコーヒーもバッチリ美味しい^_^

  私はお一人様しちゃうのですけど、山口の人はあまりしない。
  チラチラ見られる。

  わりと賑わっていて、女子会4組。カップル1組。なんか皆マジメだな。
  
  お店には図書コーナーがある。お客が好きな本を選んで自分の席で読める。こういうコーナーがある店は、わりと長居してしまう。
  トランジットという旅行雑誌を選んで読んでいた。(トランジットは講談社発行。優秀な雑誌だと思う。私の大好物)
  インド特集だー^_^

  隣のカップルは、結婚について熱く語っていた、特に女性。男性は聞き役。周りのプレッシャーがあるのかな大変そうー。
  会話の端々から推察するに。この二人は付き合っていない。それなのに結婚について意見を交わし合うなんて、マジメ過ぎる。
  
  私はインド神話四コマ漫画でこらえ笑していて苦しかった…。
  ダメだ。苦しい。口に手をあてて耐える。
  ココは漫画喫茶ではない。コジャレタカフェなんだ。漫画喫茶ではない。

  倒れそうー