美しいルート

  『だからこそ、自分にフェアでなければならない    プロ登山家・竹内洋岳のルール』小林紀晴幻冬舎。2014年。

  一気読み!!

 

  竹内洋岳さんは、日本人初、世界で29人目の8000メートル峰14座完全登頂したスゴイ人。テレビ番組クレイジージャーニーにもゲストで出てました。

  小林紀晴さんは、写真家。

 

  八ヶ岳天狗岳に一泊二日で2人で行く。密着インタビューとしたら贅沢だ。そして写真が綺麗だ。モデルのようにスラリとした竹内さん、超絵になります。

 

  クレイジージャーニーをYouTubeでみた時、「この人スゴイな…」というのと「この人ちょっと変だな…」というのが同時にあった。書籍で手に取ると、その度合いが倍増する。揺るがなさが凄まじい。スゴイのと変なのと軽やかさで、もう付いて行きたい、カッコイイ^_^オシャレなんですよね。スタイルって大事だなと思いました。

  多分、書き手の小林さんもヤラレちゃってる。予定調和的な一言なんか絶対くれないもの。こんな事きいたらダメかな、と逡巡してたりするけどそれがもうすっかりファン目線、私目線なんだもの。そうさせてしまうほど、なかなかにカッコイイです。キュンキュンです。思わずインスタフォローしちゃいました^_^

 

  もちろん14座の話もたくさん出てきて、そのひとつひとつが尋常ではない。クレイジーです。

  私が面白いなと思った章は「経験は積むものではなく、並べるもの」「社会や学校は8000メートルみたいなもの、適応できなかったら逃げろ生きるために」「人は死なないようにできている」「死んでいくことを記録しろ」「自分の足で下りてこないのは死んでいるのと同じ、だから下りるために下り直しに行った」「考え続けることによって自分を保つ」「美しいルート」

  山の話をしているようで、これは生き方の話だ。

  

  雨の八ヶ岳を登っているのに、なぜか竹内さんの靴は汚れないと小林さんは観察する。爪先も側面も汚れていない。腕の良い職人のように仕事が綺麗だそうな。

  「いつも、滑りそうだと思いながら、そっと足を置く。できるだけ平らに、まっすぐに」

  「足を上げる高さもできるだけ減らします」

  「足音が大きいということは、それだけ無駄に体力を消耗してることになります。雪山ではアイゼンで雪の上を歩いた跡をみると、わかります。足跡がきれいでない人は余計な体力を使っています」

  「(ふだんはメガネだけど山ではかけない)ぼんやり見えていれば大丈夫。足元ではなく、もう少し先を見ています。次の次の足を何処に置こうか考えながら歩いてます」

 

  興味を持って、好奇心のままに

  色々なものを感知して、「運」のせいにしない想像力を持って

  考えて

  未踏の地へ

 

  未踏の地へ、私も行こう

  

  f:id:sprighascome:20170919223048j:image

 

 

いつか孤高と協働がいっしょにある世界へ

 https://youtu.be/XAg_qPPLMQM

ずっと嘘だったんだぜ   斉藤和義

 

  福島で行なわれたライブ映像のようだ。客席も映る。帽子かぶっている女の人が泣いている。泣きたいけど、ずっと泣けなかったのかな。ずっと泣けないこともあるよな。

  そんな事を思う、今日。

 

  ☆

 

  スイカを貰った。

  出荷用にビニールハウスで育てた黄色の小玉の規格外。甘い^_^

  規格外だからって味に変わりはないだろう。ありがたくいただきます。

 

  f:id:sprighascome:20170917153315j:image

 

 純子さんが「結婚するなら金のある人にしなさい」と教えてくれた。よぅく理解したつもりだけど、やっぱりお金と結婚するわけではない。

   こないだ「結婚を前提に付き合ってください」と言われたけどお断りした。

  「良い人」「仕事する人」かもしれないけど。彼は、女性に対して結婚に対して私に対して、あまりに受け身で消極的だった。何もかも引き受けなければいけないような気がして重い。すぐに返事はせずに、時間をください考えてみます、と保留にした。

  彼は人と深く関わることに慣れていない。関わることによって傷ついたこともない。簡単に結婚してくれそうだけど、簡単に離婚されそうな気がしてならない。それか別居。浮気しても全く気がつかなさそう。

  断るにしてもなんだか億劫で会うのも電話するのも嫌だった。それでラインで送った。

  「〇〇さんはまだ結婚が現実的ではないようですし、私は一度失敗しているのでもう失敗したくないので、お互いに消極的すぎるような気がします。相性がいいような気もしません。付き合うことを想像してみたのですが難しかったです。今までありがとうございました」要約した内容↑。落ち込むだろう内容なので昼間に送った。午後1時くらい。お昼を食べてのんびりしているくらいの時間帯が良いかなと思って。

  そしたら15分くらいでラインが入った「時間をかけて考えてくれてありがとうございました。今までありがとうございました」みたいな内容。電話くらい入ると思ってた私が馬鹿でした。アッサリしたものだ。                    よかった、付き合わなくて!

  色々と予想したりして疲れたけれど彼は彼なりに傷ついたかもしれないけど、簡単だった。

 

  ☆

 

  人というのは勝手なもので  実は瞬時にYES・NOを決めている。

  多分私は初めから好きでなくて、時間をかけて「好きになれない理由」をあげていただけだろう。可もなく不可もなくを狙うのが一番の近道のようでいて、一番廻り道に感じる。

  結婚しないと将来が不安だけれど、そんな可能性の不安と現在の私の所持しているものとを天秤にかけて行動しようとしても、なんか虚しい。

  現在の私なんて、ちっぽけだ。捨てても何も惜しくない気がする。、、、でも捨てないんだな^_^

 

  そんで私はまた勝手に恋をはじめた。

 

  規格外のスイカをくれた彼である。

  頭では農家は過酷ってわかっているんだけど、気持ちが走ってしまった。。。

  「なんか面白そうな人だ」と思ってしまった。そこで負け。

  通りいっぺんの彼でも十分なのだけど、例えば本音とか弱音とかきいてみたい。無防備なところとか見てみたい。

  色々試行錯誤した割に、健やかそうなのもいい。試行錯誤したなりに、優しそうなのもいい。

  なぜか、ずっと泣きたかったような気がしている

 

 

https://youtu.be/f5x4lvttsTU

大人になれば    小沢健二

  

 

 

光の感じがセカイノオワリなメリーゴーランド

  夢の続き。

  リストアップ

 

  • 自分で家を建ててみたい(北の国からの、黒板五郎的な)自分でレンガを積んだり、コテを使ったり、ステンドグラスしたり^_^ビンボーだけど時間だけはかけてコツコツとつくりたい。
  • 島で暮らしてみたい。できたら海の近く。小魚とか貝とかワカメとかを主食にして、焚き火とか砂浜でしたい。手紙とか要らない書類とか、ぼんぼん燃やしたい。
  • イタリアで恋人と暮らしてみたい。ワインと食事で太りたい。宗教について考えて見たい。
  • フランスで美味しいフランスパンを食べたい。
  • 北海道でジンギスカン生活。本当のジンギスカンとは何か?自分なりの答えを持ちたい。
  • 北海道でウニ生活。ウニでいい。ウニがあればいい。ウニだけでいい。春夏秋冬ウニについての自分なりの答えを持ちたい。
  • 北海道でシャケ生活。シャケ、イクラ、サーモン。皮も使える。熊も集まる。鍋にも丼にも寿司にも使える。シャケ大好き。シャケの可能性に迫りたい。
  • 離島でスキューバダイビング生活。
  • 山小屋生活。登山者にエールを送りたい。隙あらば自分も登山者になれる。ゴージャスな朝焼けと夕焼けが見放題。
  • 修行僧(座禅、托鉢など。期限付きならばやりきれるかもしれないけど、解脱はできなそう^_^悟りとか、私は無理だな、、、しかし節制の意味で有効かもしれない。規則正しい生活を送り健やかになりたい。
  • 高層ビルの窓の清掃員。
  • カナダに語学留学。
  • バリ島でのんびり。
  • 美味しいウィンナーとビール。
  • 囲炉裏のある生活。
  • 京都
  • 松本
  • 沖縄
  • 松江
  • 福岡
  • ユーコン川をカヌーで下る
  • ツリーハウス
  • お粥生活。
  • 土鍋を使いこなしたい。

 

 https://youtu.be/Az5VqT5wKWA

 セカイノオワリと小沢健二

「今この瞬間の考え方や、語る言葉があなたの未来をつくっている」

 

前回の続き。

  夢をリストアップしてみる

 

  • 笑顔をかっこよく、さりげなく、頻繁に
  • 自分の周りにいる人に笑顔になってほしい
  • 遠くにいる友達も笑顔にできるように、手紙や小さな贈り物を工夫したい
  • 他人から信頼される人になりたい
  • 困っている人がいたら気持ちよく助けてあげたい
  • たまにズルしても大目に見てもらいたい
  • 左うちわ
  • 動物に好かれたい
  • 感じのいい喫茶店に自分の指定席がほしい
  • 感じのいい蕎麦屋に自分の指定席がほしい
  • 感じのいいジャズバーに自分の指定席がほしい
  • 秘密基地のような書斎(書庫)がほしい
  • ゴージャスなオペラやバレエやオーケストラ演奏を定期的に鑑賞したい
  • 渋滞のない生活
  • 行列のない生活
  • 臭いおじさんがいない生活
  • イジワルなおばさんがいない生活
  • 下品で不潔な人がいない生活
  • 他人のおしゃべりがうるさい時、ボリュームを下げられるツマミ
  • なんでもよく見える魔法のルーペ
  • キャンピングカー
  • ハンモック
  • スカイダイビング
  • 約束はやぶらない
  • 嘘はつかない
  • こだわらない
  • 楽器の演奏ができるようになりたい
  • 茶道や華道を嗜む
  • 文字を綺麗に書ける
  • ちょっとした占いができる
  • ちょっとした手品ができる
  • 彫り物ができる
  • 料理が上手にできる
  • 漬物、保存食、燻製など特技にしたい
  • 刃物の扱いが特技
  • 暇な時間を楽しめるようになりたい
  • 他人を馬鹿にしない、他人の良い所を見つけられる人になりたい
  • 自分を律する、自分のペースを保てる
  • 常に変化、行動する、学ぶ
  • うまく別れられる
  • たくさんの人と出会う
  • 素直にきく
  • 素直にみる
  • 好きなものには正直に

 

  f:id:sprighascome:20170905222330j:image

  f:id:sprighascome:20170905222421j:image

  f:id:sprighascome:20170905222448j:image

タンゴに失敗とかはない

  今日美容室に行って、35歳の美容師さんと夢を語ってきた。。。(なんだそれ?^_^

 

  彼は言う

  「僕はまだ借金背負ってもいいかなー」

  オーナーさんなので人雇ったり店を拡張してもいいかな、ということ。ちょうど隣のケーキ屋さんが病気を理由に店をたたむので、店を拡張する機会が来たそうな。。。

  人生70年と考えて。まだまだやりたいことはたくさんあるんだそうで。

 

  「私も店やりたいんだよねー」

  私は言う。え、どんな?

  え、そんな展開?彼・戸惑う。現実的な選択を迫られつつも、一挙に妄想の世界へ!

 

  「昼間から呑んでもいい店。罪悪感なくお酒を昼間から呑める雰囲気の。コーヒーとかお茶も出して、軽食もあり。11時から8時。なんかさー、昼間から呑もうと思うとファミレスかチェーン店しか無いでしょ。5時まで持たせる店があってもいいと思うの。疲れるから8時まで。自分が呑むのは8時から」

  うんうんうんうんうんうん。是非近所でオープンしてくださいとのこと。今すぐやりましょうと言われたけど、引退してからのんびりやりますと断わっておきました^_^まだ雇われてるからねー

  

  美容師さんは銅像が建つほどの有名人になりたいそうな。社会の教科書に載りたいのだそうな。例えば吉田松蔭のように。それって、よっぽど偉業ですよって言っておいた。

  とりあえずカリスマ美容師になって2年先まで予約が取れないようになるそうです。

 

  夢をみましょう!そして実現しましょう!となんか暑かったけど、9月・秋とはいえ、まだまだ暑い。うーむ、アリかもしれない。

 

  とりあえずリストアップしてみる。

  夢

 

「インザスープ」

https://youtu.be/fkE5jfZg_k0

  

  • チャチャチャをカッコよく踊りたい
  • 首の綺麗な女性になりたい
  • 肩の綺麗な女性になりたい
  • 背中の綺麗な女性になりたい
  • 歌を口ずさんでいたい
  • 良い匂いに囲まれていたい
  • 歯がずっと健康であってほしい
  • 爪をいつも綺麗にしていたい
  • 眠る時はいつも一人がいい
  • たまには花に囲まれたい
  • 蛍の時期には蛍中心の生活をしたい
  • サッカーの時期にはサッカー中心の生活をしたい
  • カレーが食べたくなったらいつでもカレーが食べたい
  • 詩をよみたい
  • 絵を描きたい
  • 本をたくさん読みたい
  • 映画をたくさんみたい
  • ライブにたくさんいきたい
  • 外国に行く時、ボディガードになるカッコイイ男性を連れて行きたい
  • 着物・浴衣生活してみたい
  • 着物・浴衣で生活するのに似合う住居が欲しい
  • いつでも足湯
  • いつでも露天温泉
  • いつでも迷路のような温泉旅館
  • 果物をなるべくたくさん食べたい
  • 眠るように死にたい
  • 美味しいものをたくさん食べたい
  • タンゴをカッコよく踊りたい

 

https://youtu.be/kCnB05GrUgc

  セントオブウーマン

 

  キュンキュンします^_^アルパチーノカッコイイ

  

  f:id:sprighascome:20170901221707j:image

  f:id:sprighascome:20170901221718j:image

  

近くて遠い パラレルラビリンスニュータウン

 ヒトっていうのは、わりとパラレルだね

 

 同じ言葉を使っていても外国人よりも離れている感じがする時がある

  日本語×日本人っていうのは、同調を求め過ぎるのかも。日本語×外国人、外国語×日本人の方がポライトだ

 

  最初から最後まで

  なんだったのかわからないヒトもいて

  意味がわからない

  

  目をみて話してごらんよ、とつい言ってみたくなる

 

  わかったようなフリをして

  わからないまま

  出会いもせず

  それだったらまだ(わかりません)と正直な方が出会えるのに

 

  痛い想いをしてごらんよ

  そういうのってわりと万国共通

 

  愛してごらんよ

  一生懸命やりなよ

  大人のフリしたまま、未だ反抗期もありません

 

  別世界

  みーんな、別世界

 

  愛着もなく

  みな捨てていく

 

  高速道路の分岐のように

  私たちは平行

 

  https://youtu.be/lX3-vmSaCBI

  愛のラビリンス

 

  http://www.youtube.com/watch?v=gtcpY9md5gc&list=PLSVdZ3ZiyHtdWLpxcceHF5HyUG_6b2Jws

  お命ちょうだいしましょうか

 

https://youtu.be/P_qQhfomXa4

  たまたまニュータウン

  ↑クセになる、、、口ずさんでしまう怖ろしさよ^_^

 

  

  

耳を澄ませる

たとえば、シュレッダーにかけられた文書を復元することはできなくても、裂かれた膨大な紙屑の山の中の小さな一片に残された文字を見つけただけでわかってしまうことってある。そこに書かれていたもの、伝えたかったこと。

  たくさんの言葉を聞き漏らし、たくさんの合図を通り過ぎてきた。たったひとことから得られる情報など、取るに足らない量だろう。だから正確にいえば、わかった、という閃きも錯覚なのかもしれない。それでも、私たちはそこで何かをつかむ。大切なことを知る。ほんとうは私たちが手にした以外の部分が重要だったとしても、どこに何が書かれていたとしても、いちばん知りたいことに私たちは出会うんだと思う。

  「窓の向こうのガーシュウィン」宮下奈都、集英社。2012年。

 

  「思い込み」とか悪い意味で使うことあるけど、思い込みをさせるほどの合図など、私たちは足りてないというか。遠慮しあって清潔に踏み込まずにいるのではないか。

  なんの先入観もなく、出会えることは楽しい。

  うまいタイミングでうまく出会うことは、難しい。

  

  こないだチェコ好きさんの「想像力の向こう側」という記事を読んで、それはそうだと深く頷いたのだった。

  (記事の中に出てくる彼は銀座の料亭で贅を尽くしている自分を上手く想像できない。知っていることしか想像できない。想像できないことは実行できない。翻って自分の事も。自分だったらこうするけどなーという案も、ある人からすれば「え?」と思われてしまうほど想像力に乏しいアイデアかもしれない、だからまだ知らないことを悔しいと思う。そして既に自分が知っていることは尊いと思う。そんな内容)

 

  果たして。

  自分は、どれだけ知らない事に対してオープンだろう?

 

  食とか旅とか経験とか、興味を持ちやすい分野だと思う。そのジャンルの中でなら「知らないことに出会うこと」は簡単だ。知らない料理や知らない国はごまんとある。

 

  あまり馴染まないジャンルでも、性とか死なら興味がわく。精神病、戦争、政治、宗教、差別。文学では、ギリギリのラインに迫るものもあって。病める罪悪感も少なく疑似体験することができる。文学だけでなく、映画やドキュメンタリなら、生々しく、または生々しくなり過ぎず、想像することができる。

  想像力を超えて体感してしまうのは、ちょっとアブナイ。

 

  f:id:sprighascome:20170824214029j:image

 

  でもやっぱり。

  わかりたいんだと思う。

 

  わからないことに対して積極的にわかりたいと向き合うことは難しい。

  自分でわかる範囲の想像力の中でしか選ばない。

  全くわからない中で、人は楽しむこともできないし、受け身でしかいられない。積極的になれない。

  従順に受け身で経験を積んだとして、本人に達成感はあるだろうか。

  オープンなのは最初の一歩だけ。

 

 最初の一歩で手ごたえがなければ、興味を失い、ただの壁になるだろう。道ですらない。何の奥行きもない景色になるだろう。

 

  閃きも錯覚もなく情報だけを操って、

  出会いをやり過ごしていくのだろう。

 

  時間は圧倒的に足りないのかもしれない。

  でもゆったりと。

  誰かの言葉に耳を澄ませることができる自分でありたい

 

  f:id:sprighascome:20170824215242j:image