彼岸

  昨日は朝から晴れ。
  遅く起きたけれど、布団カバー・毛布・敷き毛布を洗った。

  花粉がつくかもしれない。PMが。黄砂が。、、と心配していたら布団は干せない。
  晴れて用事のない休日には、布団関連の洗濯をすべきだ。お日様ありがとう!ふかふかのぽよぽよの布団は、心身を癒す。

  、、、と言っても。洗濯機をフル稼働しても3回だから、約3時間。

  仕方なく(?)庭で草ひきをしてました。苔が生えてるけど、芝に見えないこともない。どうしよう。遠くから見たら芝なんだけど、実は苔。ふかふかの緑の絨毯。
  f:id:sprighascome:20150322213926j:plain
  ポカポカで気持ちよいです^_^

  f:id:sprighascome:20150322221251j:plain
  伸びきったフキノトウ

  昼、近所の蕎麦屋で蕎麦を食べ、
  f:id:sprighascome:20150322214041j:plain
 おじいちゃんの 墓掃除。

  普通は彼岸の入り前に済ませるべきでしょう墓掃除。だってウロウロしてたんだもん。しないよりいいでしょ。しないよりいい墓掃除。
  つくしも生えてたよ^_^

  それにしてもつくし。スギナ系だから最強しつこい雑草です。
  河原に生えている分には関わりないけど、おじいちゃんの墓スペースに生えてはいかん!

  墓掃除  墓にこしかけ  ひとやすみ        あき

    ふうふう言いながらテキトーに綺麗にして、振り返れば梅が綺麗に咲いていた

  山の斜面の墓地なので、見下ろす格好となる

  春の霞につつまれ、少し汗ばんで水仙を供える墓参り。
  梅の花が光って、遠くまで見えない


  墓に水をかけた
  柄杓がなかったのでバケツで直接ザバー。
  もしかしたら
  おじいちゃん、ビックリしたかも^_^

  線香をつかの間たてて、なんまんだぶなんまんだぶ、と唱えた。
  おじいちゃんが(まぁえかろう)と笑って許してくれてる気がする。
  そんな坂道の梅の花

  
  ☆


  帰宅してみたら
  牛夫くんが気持ち良さそうに昼寝していた。
  f:id:sprighascome:20150322215855j:plain
  f:id:sprighascome:20150322215924j:plain

  白の椿の下で。

  私がナデナデしても動けない程気持ちよかったようだ^_^太陽に照らされ、とても暖かくなっていた

  願はくば花の下にて春死なん    そのきさらぎの望月のころ                西行
  3月だけど。

  このまま死ぬの?というくらい幸せそうな猫の寝顔であった^_^

  茶色の猫の墓にも花を供え経を唱えてみました。
  多分ツンとされています。ツンデレです。

  
  ☆

  
  お彼岸に干した布団は暖かく、心地よく、春の眠りにふさわしく

  ふかふかでしっとりとして

  いつ目覚めるかわからないほど深くまで

  私を休めるのでありました

  f:id:sprighascome:20150322221150j:plain

猫の変癖

  猫はヒトが新聞・雑誌を読みだすと、何処からともなくやってきて、その上にデロンと横たわる。
  若い猫であっても「よっこらしょ」という感じで視界に広がる。
  始めは置物のようにさりげなくチョンと座り、そこからモジモジグルグルして横座りになり、デロンと広がる…。
  視界いっぱいに広がる猫…。

  他にコタツや陽だまりやマットレスや座布団やら、もっと猫的な場所があるにも関わらず、どういう訳か、ヒトが読む視線の先で広がる。
  パソコンやテレビの前にも来る。さりげなく。
  キーボードの上でデロンとなる奴もいた。

  私が「読む」体勢になると、猫センサーが反応するようで、「見てー。見てー。私を見てー。こんなにかわいいでしょ?」としどけないポーズをとる。

  のけてものけても猫は雑誌の上で広がる

  雑誌なら良いのだけど、もっと大事な物だったら困る。猫はのけてものけてもやってくる(猫を飼った事がある人なら、こういう経験が少なからずありませんか??)

  そういう時は「アンタがいちばんかわいい。世界でいちばんかわいい。最高にかわいい。美しくって柔らかくって暖かくって、まるで夢のようにかわいい。すんごいすんごいすんごいかわいいよー!」といやらしく撫でまわす^_^
  そしたら猫は「そんなコトは知ってるのよ。ツン」としている。
  しつこく撫でると「あー、やってられないワ」という感じでスタスタと(のしのしと)去って行ったりする「時間を無駄にしちゃったワ。こんなコトしてる場合じゃなかったのに」

  なんで猫はヒトが読み始めると邪魔しに来るのでしょうね??

  猫は言葉を読まないから、言葉を読むヒトの体勢が合図となり、邪魔しにやってくるのでしょう。

  使命感さえ感じます

  猫って不思議

  f:id:sprighascome:20150321074110j:plain
  f:id:sprighascome:20150321074415j:plain

 

温玉さん↑うまくコピーできなかったけど「いろはにほえと」という記事を読んで、猫デロン記事を書きたくなりました。



お祭り前夜。

  パート職員から正職員になるにあたって、筆記試験と面接を受けたのだけど。
  こちらからは雇用条件や給料に関しての申し出はしなかった。
  それはとても非常識なことなのかもしれない。

  ただ。私には扶養家族も今のところ居ないし、、、(その職場であったら有利な)専門的な資格もないし、Iターンで地元の地脈・血脈を持っているわけでもない。この組織の活動は多岐に渡っている。販売や生産製造もやるし、金融や営業もある。イベントにも参加する。どの部署でもやれるのが採用条件ではある。異動はツキモノ。

  高く買うかどうかは相手判断だな…と。
  中途採用で職場の上司からの推薦なので、上司の顔を立てなければまずはイケナイだろうと思った。

  仕事は一人前にするつもりだ。

  仕事であれば残業も営業も勉強もするつもりだ。

  

  そういうものだろう。。。


  世に言うブラック程もブラックではないと思う。うちの組織は仕事しない人できない人が妙に目立つだけで。仕事する人はするし、できる人はできるのだ。できる人は誇張ではなくなんでもできる、本当に。

  仕事する人できる人は、私個人からみて魅力的だし学べる、本当に。

  

  「 知識よりも、実力。

  責任感と愛され力。…それを支えるのはやはり知識。知識つけたし!」かなー……と。

    

  私はマイペースにやっている、

  「マイペースで乗り切ってるね」と褒められる。


  つまり。

  信頼ってこういうことかな、と。

  たとえ間違ったり失敗したりしてもすぐリカバーするのが、私の信頼です。

  (何も間違ったり失敗したりしなけりゃいい話なんだけど^_^医者やパイロットじゃないのだから許してくれ)

  

  明日には異動の辞令がおりる


  さよなら26年度

  こんにちは27年度


  ☆


  実は人事課より封書が届いており。

  「新規採用職員各位」と題されており。

  新規採用職員研修のお知らせである。

  2泊3日で、オリエンテーション&グループワークだ。自己紹介やコミュニケーションゲームを高卒と混じってやれと言う。職場のルールやマナーから始める。朝の7時から8時までは体操・運動だ(ジョギングやら馬跳び…)

  先輩職員が「私の一年間」というスピーチをする(それにしたって23、4だろう、、)

  私、38です!!

  高卒で産んだとしたら高卒くらいよね?親子程の年の差のピチピチと混じってジョギングやら馬跳びしなきゃいけない。

  研修の最後は「友情のプレゼント交換」と書かれている。恐ろしい…。

  

  そんなにしてくれなくても二年半やってるからいいんだけど…。パートだけど。中途採用でいいです…。


 アホなんじゃないかな、こいつら。

  と思うし。

  え?罰ゲーム??

  とも思う。

 

 友達には笑い話で話している。

  新卒の柴田君にきいたら「26の人はいたけど、それ以上の人はいなかったッス」って。内容のスケジュールも、どう見ても新卒向け。新社会人としての研修。

  社会で普通に揉まれているつもりなので怖くはないけど、友達ができるかどうかが怖い^_^できねーよ!!指導員かと思われるって!!

  

  楽しくないだろうけど、そういう目線で楽しむしかない。組織がお金出してみっちり学べと出してくれるのだから、ありがたいと思うことにする。

  

  若者は若者の良さがあり、

  そうでない者は愛嬌で乗り切ります^_^

  マイペースでやります

  

  同情してくれ。。。馬跳びだよ馬跳び、ピチピチと。。


  明日は異動発表の日

  お祭りです


  f:id:sprighascome:20150319214005j:plain

水夢、フォーエバー。


  安西水丸さん、大ファンなんですー。

  今朝の「日曜美術館」は安西水丸さん特集でした、、、

  一周忌です。

  ちょうど昨日まで「メロン記念日」読んでましたー。

  今日は「美味しいか  恋しいか」光文社。2002年。で、ヤられてますー。

  読めば読むほど、見れば見るほど、フィットするというか、フィットしたいというか…。
  もう私の血肉になっています…。
  というか、口説かれてみたい人No.1です。ごめんなさい!畏れ多いです…
  ファン心理とは不思議なもので「村上春樹みたいに世界的に売れなくて良かった」なんですよね。ヒットしなくていいから、コツコツとそれなりに沢山沢山沢山沢山書いて欲しい…。
  ま売れなければ仕事が来ないのだからちょうど良かったのだと思います^_^
  見れば見るほど、読めば読むほど常習者になる、そういう人でした。

  杉浦日向子さんが亡くなった時淋しく感じたように、水丸さんが亡くなられて淋しいです。
  一時代です。時代の終焉です。

  日曜美術館で特集されるなんて、本当〜〜に、もう居ないんだな!と無理矢理に納得させられるというか、、、。故人なんだな、と。

  もう居ないというのが信じられない。

  オンリーワンです

  ある時代が帰ってこないように、貴方も帰ってこないのです

  (水夢というのは、水丸さんの俳号。海が好きなので泳ぐの英語、スイム、を侘び寂び漢字をあてた)


  図書館でごっそりと水丸さんを借りてきた。。。。しばらく水丸ワールドに浸ります!!


  (やっぱり。

  カラフルで美味しそうな方がいいかなと思い、アイコンを梅からミモザに変えました。

  ミモザの黄色、すごく綺麗でした^_^

  地味なカップルが「わぁー、綺麗ー♥︎」と見上げて、女性がスマホで構えて、そういう女性の姿を少し離れて男性が眺めている。。。。みたいな^_^

  「春ですなー」とこちらまでほころぶ。

  

  車椅子を押す男性、車椅子に座る女性なんかもミモザを見上げていた。老老介護かもしれない。

  春を見上げる喜び

  春を感じる喜び

  共にいる喜び

  

  少しの時間でもいいから


  花も鳥も日差しを喜んでおりました^_^)


  f:id:sprighascome:20150315194846j:plain

  f:id:sprighascome:20150315220028j:plain

  ミモザ


  ☆

  常盤公園にて。

  f:id:sprighascome:20150315194943j:plain

  オオバン。とか

  カンムリカイツブリ。とか。ヒドリガモ。とか。可愛かったー

  f:id:sprighascome:20150315195618j:plain

  f:id:sprighascome:20150315195646j:plain

  春の椿。



  植物園もあった。

  植物園は居心地が良いです。

  f:id:sprighascome:20150315200027j:plain

  f:id:sprighascome:20150315200052j:plain

  f:id:sprighascome:20150315200121j:plain

  ラン、真っ盛り^_^

  f:id:sprighascome:20150315200205j:plain

  …見えますか???世界一小さいランですって。


  f:id:sprighascome:20150315210449j:plain

  こちらは白い大きな花。



四文字は難しい


  「えーっと、昨日さ」
  「うん」

  「えーっと、なんだっけな…点滴?…検閲?…検疫?…、献血!、献血したの」
  「は…?」
  「献血献血
  「…?」

  「血を抜くやつ」

  「なんべんも職員さんが献血のお願いに来るからさ。ノルマがあるみたいで。だから次長さんと仕事抜けて献血行ったの。最低でも18人11時までに要るんだって」
  「うん」

  「400mlとりたかったみたいなんだよね。体重は50kgあるか?ってなんべんも確認されて。400ml私初めてだったから緊張したし」
  「うん」

  「立ったまま倒れたら危ないからおかしいと思ったらすぐしゃがんでください。とか、無理してはいけない。とか、力仕事は控えてください。とか言われて。…ますます緊張して。でもイヤです怖いからやめますとかもう言えないじゃん」
  「うん」

  「だけどさ。その献血の後、全然フツーなんだよね。ちょっとくらいさー、貧血を感じたかったのに。か弱さアピール?」
  「うん。元気なんでしょ?いいじゃん」

  「ちょっとくらいそういうの無いとさ。アレでしょ。まるで血の気が多い人みたいじゃん」
  「いいじゃん。元気で。良かった良かった」


  〈献血をして貧血してみたかった話〉をしたかったのに、話出しで失敗して点滴やら検疫やら検閲やら言ってしまったから、なんだか聞き手の想像(期待)に応えられなかったようだ。

  点滴→病院沙汰
  検疫→家畜沙汰
  検閲→社会不適合沙汰

  
  「献血」がスッと出てこない私が悪い。
  「貧血」に憧れるのもちょっとおかしい。

  f:id:sprighascome:20150314204311j:plain

  血を抜くと、身体は軽くなるような気がする。
  医療が発達しても、血は作れない。
  誰かのために協力しましょう。
  

  軽くなった頭でも仕事はこなせる、日常は変わらず。

  普段から頭は軽いということだ^_^


  この世にし楽しくあらば来(こ)む世には  虫に鳥にもわれはなりなむ
生ける者(ひと)つひにも死ぬるものにあれば  この世にある間(ま)には楽しくあらな
                 大伴旅人万葉集』  ↑どちらも

  

 死を怖れることと生を楽しむことは、背中合わせですな^_^

先端を行く

  さぞかし。
  年度末で皆様お忙しいのだろう。。。

  地方に住んでいると(年度末)をすごく感じる。
  卒業・入学・就職・異動…。引っ越し。お祝い。引き継ぎ。

  「馴染みのモノが一掃される感」をヒシヒシと感じます。
  地方では、その場所の「顔」が入れ代わる。
  企業なんかも決まったモノしかないし、行政や地区の実力者たちはソワソワとしている。
  若者たちは巣立っていく。

  
  結局、人気とカネの世界。
  この土地で就職することを決めた私であるけど、地域貢献をホドホドにして、年度末を平和に迎えて、嫌われ者にならないように最低限にクチを慎み生活していこうと思う。

  ☆
  
  私がイチバン苦手な人種は、
  「地方しか知らない若者」

  何を考えているのかサッパリわからない。


  ジェネレーションギャップか?とも思うけど、
  変に保守的だし、変にヤンキーだし、、
  変に家庭崩壊している。

  変に冷めてる


  健全な20代・30代は、都会で就職しないまでも、旅行くらいは出るのではないか??

  福岡や大阪・兵庫くらいで満足してしまうのは、若者として保守的すぎると思う。

  (どんなに生活が保守的でも、仕事をバリバリとしていたら自然と外側の情報って入ってくるけどね)

  
  田舎根性は、成功しない。
  その見栄ッパリ、そのゴマカシ、…通用するのはココだけなのです。
  世界は拡大していて、価値観も拡大している。

  恥ずかしいことばっっっっっかりなんだから。
  若いうちから恥ずかしい場面をたくさん経験しておいた方が良い。

  

  新しく旅立つヒトにも、
  プライドを保ちたいヒトにも、
  情に流されカネ出すヒトにも、
  言いたい。
  大きな声で。

  世界は広いぞ!!

  よぉ〜〜〜〜〜〜っく、見やがれ!!


  コテンパンに叩かれなさい!!


  昔と今では勿論、時代が違う。やり方も違う。価値観も違う。
  今いる実力者たちは、前時代のツワモノドモです。
  昔のやり方を踏襲するばかりでは、今の実力者たちの顔色を窺うばかりでは、本当の「今の時代」から落ち零れます。

  昔のやり方を尊重しつつ、今のやり方を模索しなければ、お互いがお互いに歩みよらなければ、良い未来なんて来ないと思う。

  単に勝ち組負け組ではなくて、多様性の時代です。

  受け入れながら、変化しながら、勝ったり負けたりしながら生きていくしかないね^_^

  ☆


  すでに内示が出て遠くに異動が決まった人と、ゴハン&生ビール→焼酎お湯わりしてて、ボヤいてた。

  「淋しいー。話せる人が(どんどん)いなくなっちゃう!」
  
  彼女の新天地は高知の室戸岬
  「あたしなんかゼロだよゼロ!ゼロからなんだからね!」
  
  …そーです。すいません。その通りです。

  ゼロからの人から比べたら、私などマシだー

  「あたしはどーせ風の人。あっちから来て、こっちに行くの」
  
  「うーん。でも僻地が似合うなぁ。はじっことか、先端を行きそう!」
  
  「…先端??」



前足を揃える。


  f:id:sprighascome:20150307190707j:plain
  ちょーん!

  前足を揃えて家の中を伺う牛夫くん。
  …あんた、うちの猫じゃないんだからいくら礼儀正しく待っていても入れてあげられないよ。

  茶色の猫も灰色の猫も、窓越しにこちらを見ていた。人が気づいて、窓を開けてゾーキンで拭いてやらなければ家の中には入れないルールです。
  何故、うちの飼い猫のフリをするのだろう、牛夫くん…

  首輪をつけているから、絶対に何処かの飼い猫のハズだけれど…

  車で移動中に牛夫くんを見かけることがある「あんた、こんな所まで…!」

  言っちゃあナニだけど
  「猫格」が違う。スケールが違う。
  
  初めは迷い猫だと思った。
  愛嬌たっぷりで、美猫だ。
  茶色の猫は虚勢されていたけど、オスとしてテリトリーを守っていた。つまり威嚇して追い出そうとしていた。
  灰色の猫は上品すぎて曖昧な態度だ。

  庭を我が物顔で歩く牛夫くんに強い態度で出られない。
 
  f:id:sprighascome:20150307192055j:plain
  ヤッホー、牛夫くん、元気?とナデナデする私。隙あらば中に入ってやろうと企てる、狡猾な牛夫くん。ナデナデされながら気を許さないなんて、、、あんた、やっぱり只者ではない…!

  カワイイけど精悍だね。オスだね。大人だね。、、、

  f:id:sprighascome:20150307192413j:plain
  虚勢をはる灰色猫。

  f:id:sprighascome:20150307192502j:plain
  後ろにちゃんと私がいるか確認する猫。

  猫っていろいろですねぇ。


  牛夫くんには知恵も勇気も体力も、猫としての愛嬌もある。
  灰色猫の処世も、それはそれとして見届けてやりたい。勝てない相手とどう向き合うのか?