好みの問題。

  https://youtu.be/f2IRyrkmP7Q

  辻井さん/ラ・カンパネラ

  しずけさまでカッコイイ。引き込まれる。それぞれの余韻。1人1人の余韻。

 

  https://youtu.be/r9tZHXUfAWs

  東京スカパラダイスオーケストラ/追憶のライラック

  音楽でも聴いてないとやってられないねぇ^_^

  キメキメもカッコイイけど、ちょっと不安定なのもいいよね。ユレユレなのも^_^

 

  https://youtu.be/tOKisjCkZk8

  ハナレグミflavor of life

  ハナレグミ宇多田ヒカルももしかしたら好きなのかもしれないけど、「ちょっと」で満足してしまう。。。どんどん好きになったりしない不思議な距離感。

 

https://youtu.be/gmoJ7oyKRXU

ねごと/空も飛べるはず

 ねごとは可愛い。消費したい^_^

 草野マサムネは才能あると思う。女の子バンドが歌うと無茶苦茶可愛い。

 

  https://youtu.be/mKUhq7SYouA

  ゆらゆら帝国/空洞です

 

  https://youtu.be/4JkIs37a2JE

  カッコイイーカッコイイー

  久しぶりに見ても好きだ。

 

  キメキメ過ぎてもだめなんだよなー。ちょっと抜けてるのが好きなんだという結論。

   ちょっとしたバランスで全部台無しになる。緊張感があってしかるべしを、軽々と飛ぶような自由さに憧れる

 

 

  

 

  

  

  

 

  

恋におちたら

  私が気に入っているコーヒー屋さんの主人は、多分私と同年代の女性。メガネ・黒髪パーマ・色白・無印系オシャレ(ユニクロではない、ユニクロかもしれないけど^_^)

  いつも「いいな」と思っている。

  私のツボに来る感じ。

  コーヒーもいつも美味しい。

  声は小さく、清潔、丁寧。

  なんで(同年代)を感じるかと言えば、BGMです。カーディガンズとかスピッツとか。洋楽やジャズの時もあるけど邦楽の時はドンピシャでびっくりする。

 

  小沢氏が全国ライブツアーを企画した時にはもちろんフリッパーズや小沢氏の曲が流れた。

  ぅう。ですよね。。。

(  …もしかして金城武とか好きじゃないですか?話しかけたくなります^_^)

 

  そしてグッとくる曲は他にも何曲もあったのだけど、(サニーデイ・サービス)が流れた時に、もうどうしようもなく懐かしかった。時が止まったままだった。

 

  私は当時大学生で、つきあっていた彼のサニーデイ・サービスのCDをまるで自分の持ち物にして聴いていた。(はっぴぃえんど)とかも借りてた。

  別れたから返したのだけど。

  ライブにも行ったし。好きだったけど。CDを持っていなかったのでずっと聴いていなかった。自分で持っていたものなら違ったかもしれない。もう買えなかった。

  多分別れた時に辛くて、もう聴けなかった。

 

  …そして20年後に聴きたくなるんですよ。

  好きだったんだよなぁ

 

 偶然に再会したりしたら

 どんなだろうなぁ。

  

https://youtu.be/NFP0oQgdeXo

旅の手帖に君の名前も書き込んでポケットに忍ばせる

いつかはきっと知らない場所で君のこと思い出すだろう

旅の日はいつもそんなものだろう  簡単な色のように

そして陽のあたる丘の上の木陰では今日もぼんやりとゆめみる誰かが

 

 

白い恋人

https://youtu.be/GO8lOuOcJao

 

サマーソルジャー

https://youtu.be/VUIyBtgEugg

 

 

https://youtu.be/AjsxmrWxuWs

 

 https://youtu.be/RxKDLetDiUY

 

 

昼間から自宅でハルキを読みながら、たらこスパゲッティとパリパリのキュウリとビールのある幸福。

  f:id:sprighascome:20170812213824j:image

  f:id:sprighascome:20170812213842j:image

  f:id:sprighascome:20170812213903j:image

  近所の山へ、ふらりと登る。

 

  木曜の夜に人と話した時、ズバリと言い過ぎてしまったかな、と反省している。

  相手を傷つけずに自分が思う正直な気持ちを伝えるのが難しい。しかも相手は年上の男性であった。年下の女性からズバズバと言われたら、わりとショックなのではないか自分の過去を否定されたように感じて。

  

  その人は多分、なんでも話せる友人もおらず長くつきあった女性もいないのではないかと思う。

  職場や近所付き合いでは、プライベートな話は普通しないし。ちょっと「?」と思っても、まぁいいかと余計な事は言わない。

  

  その人は私に「結婚を前提につきあってください」と言った。

  私は驚いた。そんなつもりでその人と接していなかったから。

  誘われて出かけたことはあったけど、話が弾まない。話を振っても膨らませないし、私はとりあえず話はするけど聞いてて面白がってくれているのかいまいちわからない。

  彼は自分をあまり出さないようにありきたりな受け答えをする。それは否定されたくないという逃げの姿勢なんだよね。何を話してもそういう反応だと、嫌われはしないけど、だんだん面倒になる。第一印象から進まないから、嫌われはしないけど、近づくどころか遠くなる。そういう人なんだ、と私の印象は確実に固まっていき「いつまでたってもよくわからない人、いつまでも敬語で距離がある人」となる。

  

  「そういう風に考えてなかったのですぐ答えられません。時間をください」と言ったら、「それとはまた別の話なんですけど、9月に島根の方へ泊まりで行くんですけど、一緒に行きませんか?」と言われた。私はさらに驚いて「行きません」と即答した。

  なんで行くと思うのだろう?

  

  きいてみた。

  「親が早く結婚しろというから、結婚したいって言ってるだけではないですか?本当に結婚したいですか?結婚して何をしたいですか?」

  「私と結婚するイメージは湧きますか?私のことどれだけ知ってますか?」

  「私が身近にいたから私に言ってるだけでしょう。結婚してくれるなら誰でもいいのでしょう」

  彼は、うんうんと唸って言い返せなかった。けれど答えて貰わねば、私だって次に進めない。

  うんうんと唸って、私と遊びに行きたいと言った。…それって結婚しなくてもできるよね。。。

  

  私は一度離婚しているので、もう失敗したくない。この年で付き合うなら、やはり結婚とか想定したい。

  親が言うから結婚を考えるにしても、例えば仕事は〇〇に勤めていて、家はこういうところを考えていて、子供は〇〇で、借金は無い、健康状態など具体的に話してくれるならまだしも。私の事を何かわかっているつもりだとしても、君のこういうところを気に入っていて上手く付き合っていけると言うならまだしも。最低でも「好きだから結婚してほしい」でいいじゃないか?

  あまりにも「子供の使い」で頼りなさすぎる。

 

  うーん。口説くならちゃんと口説けよ。

  可哀想だけど、人とつきあうってそういうことなんだよ。

  傷つくのを怖れたら何にもできない。

  今まで傷つくほどの人間関係を築いたことがなかったのだろうな。

  好きなら好きって言わないとダメなんだよ。

 

  なんかカウンセラーしてるみたいになってしまった。

  1. まず人の話をよく聞くこと
  2. 自分についてよく知ること
  3. 相手の話を聞く時にちゃんと自分の話もすること
  4. 他人に興味を持つこと

  「どうすればいいですか?」ときかれたので↑こう答えた。慣れたらそんなに難しいことではないですよと助言した。

  

  今まで傷つかずに生きてきた彼は、ここに来てズタボロだ。だけど私だって曖昧に返事するのは良くないと思ったのだ。これは誠意だ。だってほとんどプロポーズだもんね。

  うーん。

  ちゃんと理解できたかが不安である。

  うーん。

 

  f:id:sprighascome:20170812223336j:image

  近所の祭り。ビールの売り子をしました^_^

  ちょっとだけ知り合いの人と笑顔で話す。

  楽しかった^_^風が気持ちよかった。

 

  ゴロンとなって村上春樹ねじまき鳥クロニクル」なんで今までコレに手を出さなかったのだろう。面白い。現在、第3部。クミコー!

     f:id:sprighascome:20170812223752j:image 

     f:id:sprighascome:20170812223836j:image

  

  

『漂うままに島に着き』読了

  内澤旬子朝日新聞出版、2016。

  ふーむ。

 

  「この本を手に取る人って、どんな人なんだろう」というのが素直な感想。。。

  やっぱり女性だろうな、、、

  そして単身者だろうな、、、

  移住とか暮らしとか興味ある人かな、、、

  多少は内澤旬子さんのファンかな?

 

  私自身は内澤旬子さんの「文章」のファンである^_^

  書き方が率直で。自分の気持ちに忠実で。

  表し難い感情の部分を、書き表わそうとして真っ向から挑戦しているのがわかるので、素っ気ない結論だったり言葉だったりするのが沁みる。うーむ、カッコイイ。かっこ悪いところがカッコイイ。いや、なかなか出来ない、このバランス。

  「自分とはなんぞや?」「本当の気持ち?」「なんで?」

  冷静に客観視しつつ、そして熱く。

  読みながら詳細で具体的な言葉で想像し、他人事のはずなのに、いつしか自分の問題ともシンクロするようで、曖昧だった自分が恥ずかしく、そして読み切ってしまう。

  

  そのうえ「なんとなく」判断を下していくのにも、「なんとなく」共感してしまう。

  できないと思ったらそりゃできないし。とにかくやったらできるもんだ。やったらやれた、それだけ。正に、身体のいいなり。意識するよりも速く身体は答えを持っている。「なんとなく」

 

  最高に沁みたのが「小豆島の生活が、退屈になるその時が、おそらくここに根付く時なのかと思う。それがいつになるかは、わからない。今はまだ、本当に何もかもが面白くて仕方ないのだから」

  これほど分かりやすい言葉があるだろうか。この本は、東京から脱出し、自分なりの仕事の仕方&自分なりの身体のメンテナンスの有り様を記しているドキュメントエッセイなのだが、その端々に愛がある。自分にとってのジャストフィット。納得できて無理のないもの。自分のサイズを真剣に模索していて、その自分を退屈と思うならその時は、その場所が窮屈になっているのだろう。

  つまり根付くことはないのだろうと思う。

  根付いた瞬間に東京の時と同じように脱出したくなるのでしょう。

  作中に出てきた「漂うように暮らす女性たち」…世相のようにも見えるし、自分のようにも見える。危機感もなく女ひとりふらふらと。「自分探し」というよりむしろ「なりたい自分になるために」何か行動している最中なのです。

  スローライフなんて言うけど、現金収入と暮らしに費やせる時間と、厳密に関係していて全くスローではない。手間暇かけて納得のいく自給自足の生活は楽しいかもしれないけど、シビアでハードだ。よく働く奴隷のような同居人がいたら楽しいかもしれないけど。絶対大変なんだって。

 

  暮らしとか。大切にしないとな、、、

  今の私は、仕事や趣味を優先して置いてきている。

  …海や空を眺めたり、美味しく食事したり、誰かと笑いあったり、計画をたてて夢を持ったり、そんな事。もっと毎日の隙間の時間に充足することも大切にしないとなと思うのでした。

 

  f:id:sprighascome:20170804220956j:image

  

夏ドライブ

  f:id:sprighascome:20170803150423j:image

  f:id:sprighascome:20170803150822j:image

  f:id:sprighascome:20170803150501j:image

  f:id:sprighascome:20170803150522j:image

  f:id:sprighascome:20170803150556j:image

  8月2日。

  萩のむつみ方面、ひまわりロードに行って来ました^_^

  夏らしくっていい。

  ほぼ満開。種が熟してきているのもある。

  ずっとコメばかりの田舎道で本当にひまわりロードっていうほどあるのかなぁ、、、と不安になりつつの運転だったので、満開での出会いにテンションすごく上がりました^_^

  

  f:id:sprighascome:20170803151114j:image

  道の駅で昼食。シシ肉うどん。美味い^_^

  田舎あるある(コンビニはないけど無人野菜直売所は結構ある、トイレ&小腹は道の駅で!)

 

  須佐のホルンフェルス見てから萩へ。

  景色が無茶苦茶良いです。絶景かな絶景かなー

  f:id:sprighascome:20170803151519j:image

  f:id:sprighascome:20170803151338j:image

  f:id:sprighascome:20170803151558j:image

  f:id:sprighascome:20170803151644j:image

 

  萩の博物館で興味深い展覧会をやっていたので行きました^_^

  f:id:sprighascome:20170803152710j:image

  じゃーん。未確認生物展です。大阪からカッパのミイラが来てます。ツチノコの標本なども山口初公開。ちびっこたちに混じってみてきました。

  オバケ屋敷のように暗い会場。わくわくしちゃいます^_^

  f:id:sprighascome:20170803153047j:image

  f:id:sprighascome:20170803153101j:image

  ヒバゴンとカッパ

 

  f:id:sprighascome:20170803153206j:image

  空中を高速で飛ぶ物体↑カメラにたまに写るんですって

 

  f:id:sprighascome:20170803153344j:image

 

  ☆

 

  喫茶店で美味しいコーヒーを飲んでゆっくりしたあと、温泉へ

 

  リラックス極楽コースへ

  まっしぐらでーす

  ^_^

  

ある夕方

  f:id:sprighascome:20170801213203j:image

  いい色のカエル。

  

  f:id:sprighascome:20170801213250j:image

  こっちにもいる。でも緑色で普通っぽい。

 

  f:id:sprighascome:20170801213350j:image

  つまりこのような配置↑

  君たち、、、カエルというのは危機感をもたないのか?私がウロウロとしてスマホを近づけても一向に無反応だけど…

 

  特大ホテイアオイの花が咲きそう

  できたてのいちごジャムをもらった。まだアツアツ

 

  カエルの目はどんな風に世界を映すのだろう。ヨガやっている時に私はこんな顔しているかもしれない、と思う、そんな顔のカエル

 

 

  ☆

 

  f:id:sprighascome:20170801213709j:image

  牛夫くんの肩甲骨

  哀愁の背中

 

  f:id:sprighascome:20170801214106j:image

  チラリ。

 

  なんて男前な牛夫くん。

 

  当然の権利を主張するようにエサを乞い、あわよくば室内に入り込もうとし、まるで(うちの猫)のように振る舞う。勿論室内に入れない(たまにエサをあげてしまう)

  どこかの飼い猫の証しとしてピンク色の首輪をしている(前の首輪はヒョウ柄だった)

  あんた、うちの猫じゃないのに。。。

  庭でよその猫と喧嘩して追い払ってた。うちは牛夫くんのナワバリなのでしょう。牛夫くんは頻繁にパトロールにやってきます。うちにも飼い猫(オス2匹)がいたんだけど、舎弟にしてたのだろうか。

  その追い払われるよその猫もまぁまぁ可愛いので別に私としては通り道にするくらい構わない。仲良くなってもいいと思っている。でも牛夫くんが睨みをきかせているので、仕方ないよねと思っている

 

  f:id:sprighascome:20170801215502j:image

  f:id:sprighascome:20170801215529j:image

 

他人の家で昼寝

  土曜日はピーマン農家を手伝ってみました^_^

  f:id:sprighascome:20170731202329j:image

  苗は立派なピーマンをごろごろと付けていて、横に倒れてしまっていたり、枝が折れてしまったりしている。重いんですよねピーマン。嬉しい悲鳴ではあるが。

  今が最盛期?なのか買い取り価格が安くて選果料も取られるし、全く面白くないほど儲からないらしい。と、いうわけで。軽く出荷のピーマンを選別した後で剪定の手伝いをした。

 

  ちゃら〜ん

  f:id:sprighascome:20170731202833j:image

  ↑こんなに小さくしちゃう!

  半分以下。

 

  売ってもどうせ安いし。茂り過ぎると病気も出るし。とにかく暑いし。養生させるつもりで切ってしまうんだって。こうするとまた元気に復活するそうな。

 

  午前8時から作業開始だけど、たちまち汗だく。全身から汗。靴下&手袋まで湿っている。窓を開けているけど、ビニールハウスだし暑いよー。

  剪定作業自体は好き。残す枝を消去法でピッピッピと選ぶのが反射運動のようで、ついつい集中してしまう。

 

  身長ほど高さのあるピーマン…

  拳より大きいピーマン…

  君たちは何処までも大きくなるのだろうか?

  支柱を立てて肥料を与えたら、多分でっかくなるんだろうなぁ…

  

  f:id:sprighascome:20170731204014j:image

  でっかくて派手な蜘蛛もいました。

 

  小休止の後、11時過ぎから個人宅の庭の剪定に向かう。

  ツツジ&ツゲの刈り込みなどを手伝った。

  こちらも暑い!!!

  コンクリだし直射だし、死にそうー!!

  ビニールハウスの中の方がまだ良心的な暑さだったな(午前中だったし、時々曇りだったし)

  夏の昼に外仕事はダメです。危ないです。

  せめて日陰で。せめて短時間で。

  2時間やって逃げるように撤収ー!!

 

  お家で採れたて野菜もりもりのソーメンを食べさせてもらって、優雅に昼寝。お腹いっぱい^_^他人の家で昼寝。

 

  夕方4時に起床。玉ねぎの選別。玉ねぎのヒゲを切り、皮をむく。美味しそうな茶色になるようにする。出荷の箱に詰める。

  日陰で作業。なのでそれほど過酷ではないけど、じっとり汗をかく。。。6時に終了。

 

  農業は本当に重労働。私は1日ヘルプで入っただけだけど、彼女らは日常だからなぁ。

  そしてこの辺りでは日当の相場が決まっている。1人1日いくら。一律なんです。作業内容によっても多少条件があるようだけど、人を頼む時は時給で現金払い。変にブラックにならないように?なのかな。だいたい昼とかオヤツもよばれます。

  私の場合、現金をもらうには素人すぎるし、友達だし、抵抗がある。加えて勤め人なので副業・アルバイトと見なされて規則違反になってもいけない。なので、ビールを箱でもらうことにしている。昼とかオヤツはいつも食べさせてもらっている^_^手袋や道具もいつも貸してくれる。

 

  農業ってどんなものか?

  やっぱりやってみないとわからない。

  普通のサラリーマンより楽な事もあれば、難しい事や大変な事もある。なかなかでございます。

 

  ダラダラと汗をかきながら

  小柄なおばあちゃんがわりと一人前に働いてたりとか(←ひ弱な若者は負けると思う

  

  暑い時は昼寝が健全。

  アジアやヨーロッパの人だって暑い時は昼寝してるもの。昼間に頑張って観光してても、現地の人は木陰で休んでるでしょ。レモネードなど飲みながら。

   夏は早朝と夕方に働いた方がいいと思う。それか思い切ってバケーションですよ。能率悪すぎるもの。

  

 夏はビールだ^_^

 シンプル  イズ  ベスト