読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クライミング、やってみた。

探検 日常

  f:id:sprighascome:20160626225141j:image

  f:id:sprighascome:20160626225205j:image

  山口のセミナーパークにて。無料で体験講習会をやっています。子供、学生、一般向けと対象者を分けて募集されます。定員は15名。

 

  クライミングボルダリング。壁に張りついて登るスポーツですよ^_^

 

  ボルダリングは室内で壁の高さも5メートルほど。使っていい石が決まっているそうです。

  クライミングは人口壁の高さが12、15メートル。ハーネスで吊られていて、下でロープを持っている人がいます。どの石を使ってもオッケー。

 

  私はあんまりボルダリングとクライミングの違いをわかっていなくて。はじめ(え、これ?)とビビりました。一人参加だったので緊張もしてました。

  初心者の人も女の人も多かったので、すぐリラックスできましたけど。少人数なのですぐ順番来ちゃうし。

 

  向かって右のコースはてっぺんまで行けました。左のコースは手がプルプルしちゃって限界でした。

  知らない人にもつい「がんばれー!」と声をかけちゃいます^_^

  結構、上の方でプルプルやってると応援が後押ししてくれたりするのです。

 

  f:id:sprighascome:20160626230718j:image

  傾斜だって割とついてるんですー↑

 

  上手い人もいて、バランスとりながら器用にスイスイと登って行くんですよねー。

  身軽ー❤︎

  

  大きな男の人がダイナミックに登って行くのもカッコイイですけど、細い女の人がヒョイヒョイと登って行くのもカッコイイです^_^

 

  私は腕の筋肉は勿論、背筋とか腹筋とか全体的に筋肉足りてないです。。。三回やらせてもらったのですが、限界です、もうチカラが入らない。

 

  鍛えたくなりました!

  日々鍛錬。

 

  今度9月にまた無料講習会あるみたいなので応募してみようと思います^_^

 

 

プライバシー。

  f:id:sprighascome:20160619222120j:image

  くんかくんかくんかくんかくんかくんか、、

  忙しそう。

  f:id:sprighascome:20160619222211j:image

 

  草、食ってる

 

  f:id:sprighascome:20160619222238j:image

  ふんー

 

  f:id:sprighascome:20160619222311j:image

  ふい、ー

 

  f:id:sprighascome:20160619222404j:image

  、、、、、

 

  f:id:sprighascome:20160619222428j:image

 、、、

  猫の後ろから付いて行きたくなります。

  どこ行くんですか。

 

  猫、大好き^_^

 

 

 

  猫の後ろから付いていったことはない。

 

 

朝の光。

本能 浮遊 日常

  なるべくこだわりを持たずに、シンプルに真っ直ぐに向きあいたいと思っている、全てに。

 

  どんどん忘れても構わないと思っているし、どんどん変わっていくのもいいなと思っている。

  と同時に。

  忘れていたのに思い出したこととか、昔から変わらないことなんかに気づいて、ハッとしたりするのが好きだ^_^

  そういうことなのでパラドキシカルだけれども、思い出すために忘れてしまいたいのではないか、変わりたくないからどんどん変わっていきたいのだと思うのです

 

  f:id:sprighascome:20160618091528j:image

 

  動物病院で「あと一週間」と命の宣告を受けた猫と暮らした。

  なぜか命が眩しかった。

  細く痩せてヨロヨロしながらもシーチキンを美味しそうに食べたり、布団に真っ直ぐに近づいてきたり。重み。温かみ(熱)。呼吸音。

    なんだかイビツで不安定なその健康が逆に眩しかった。

  生きているのが嘘のようであった。

  だから、生きているうちから不在を感じて哀しくなった。

  だけど確かに生きていた。

  生きていることが答えであった。

 

  猫は死んだその瞬間から、どんどんと加速度的に死んでいった。

  (生きている時から少しづつ死んでいたけど。口から死の匂いがしていた。小腸が閉塞していた)

  時間と共にどんどんと「生き物」から「物体」に変容した。固くなって冷たくなった。身体はあるのに全く生きていない。それは確かなことだった。

  生きていないことが嘘のようであった。

 

  埋葬してから。しばらくは不在が幻のようだった。気配はなんとなく感じてしまうので。残像のように。

  死体は勿論すでに無い。だけどいないことが嘘のようであった。

  

 f:id:sprighascome:20160618091633j:image

 f:id:sprighascome:20160618091653j:image

 

  会えないからこそ会いたいと思うのだし。

  いたからこそいないことを寂しいと思う。

  生きているって、そういうことだな。

  愛しさって、そういうものだな。

 

  f:id:sprighascome:20160618092245j:image

 

  http://sprighascome.hatenablog.com/entry/2014/06/28/224611

 

 

緑に包まれる

探検 日常 豊かさ

  f:id:sprighascome:20160612130401j:image

  コアジサイ

 

  f:id:sprighascome:20160612130526j:image

  ヤマアジサイ

 

  

  f:id:sprighascome:20160612130624j:image

  6月11日土曜日。

  弟見山に行って来ました^_^

 

  とっても素敵でした。

  コガクウツギ、ガクウツギという清楚な花々もたくさん。普通のウツギもたくさん。

  小さな滝もあちこち。苔むして緑に包まれて気持ち良かったです。

  ベニドウダンも見事に咲いてました。

  f:id:sprighascome:20160612131706j:image

  f:id:sprighascome:20160612134618j:image

 

  サワフタギも可憐に咲いてました。

  f:id:sprighascome:20160612131620j:image

 

 

  f:id:sprighascome:20160612131754j:image

  ヤマボウシ

 

  f:id:sprighascome:20160612131929j:image

  ギンリョウソウ

 

  f:id:sprighascome:20160612132033j:image

  ツルシキミ

 

  f:id:sprighascome:20160612132208j:image

  ウリハダカエデ

 

  f:id:sprighascome:20160612134541j:image

  うりのき

 

  しかし、春から初夏にかけての緑は凄まじい。熱気むんむん。すごくバーッとなんかが出てますね…!

  f:id:sprighascome:20160612133527j:image

  岩突き破って木とか生えてるもの。

  半日ぐらい経ったら3センチくらいは余裕で成長しているんじゃないか⁈

  木が歩くファンタジーな物語とか、本当にありそうだなと感じてしまう。だるまさんが転んだができるんじゃないか?

  f:id:sprighascome:20160612134808j:image

  f:id:sprighascome:20160612134045j:image

  f:id:sprighascome:20160612135649j:image

  f:id:sprighascome:20160612134900j:image

  f:id:sprighascome:20160612134107j:image

  (↑バッタもいます^_^)

 

  f:id:sprighascome:20160612134234j:image

  

  この日の目的は(笹百合)でした。

  まだ蕾が多かったけれど、気品があって流石の佇まい❤︎

 

  f:id:sprighascome:20160612135053j:image

  f:id:sprighascome:20160612135117j:image

  f:id:sprighascome:20160612135146j:image

  f:id:sprighascome:20160612135208j:image

  f:id:sprighascome:20160612135239j:image

  後ろ姿もなかなか美しい。

  葉っぱが笹に似ているので笹百合と呼ばれるのだけど、たくさん見たので、笹と笹百合の葉っぱを見分けられるようになりました^_^

  親しみを込めて(さゆりちゃん)と呼んだ。

 

  崖に咲くさゆりちゃん↓

   f:id:sprighascome:20160612135541j:image

  健気で強いなぁー。あやかりたい。

 

   f:id:sprighascome:20160612140047j:image

  きのこ

 

  f:id:sprighascome:20160612140120j:image

  エンレイソウ

 

  f:id:sprighascome:20160612140205j:image

  f:id:sprighascome:20160612140236j:image

  

  

  

歌おう

浮遊 豊かさ 音楽

  f:id:sprighascome:20160609012217j:image

  f:id:sprighascome:20160609012237j:image

  2016年6月8日。

  広島パルコ本店10階。クラブクアトロ❤︎

 

  小沢氏、超絶良かったです^_^

  サイコーですね。

 

  東京から始まったこのツアー、名古屋、大阪ときて広島。

  「広島、近!」と言われてしまいました。確かに近い。ステージも狭い。小沢氏と私との距離5メートルくらいかな?近かったです。。。やばー。

 

  どのくらいサイコーだったか、ちょっと上手く言葉にできないので箇条書きにします。

 

  1、私は久しぶりのオールスタンディングライブで緊張しておりました。初一人ライブ参加だったし。パルコ自体久しぶりだし。大人なのにTシャツでジーパンのスニーカーだ(むっちゃヤル気やん)6時開場だったのですが、少し遅れて到着。8階から上がろうと思ったら階段に長蛇の列。ツカツカと近づいてきいてみようと思ったら、顔がむっちゃ笑顔になってしまった「小沢くんのライブの列ですか?」恥ずかしいほど満面の笑みになってしまった。答えてくれた人も笑顔で「そうです」と答えてくれた。もじもじしながら何番ですか?ときいた。

 

  1、グッズ。やっぱりTシャツほしい。デザイン&色&サイズ、選んでしまった。大人買いせず一つにしたよ。だって選びたいじゃないか。さて。白黒ボーダーは似合うけど?やめたよ。飛行機は可愛いすぎるからやめたよ。グラサン小沢フォトデザイン、薄グレーで紫抜きにしてみたよ。どーだ顔写真入りTシャツだぜー。

 

  1、ファンの皆様が礼儀正しい。揉みくちゃ汗まみれを覚悟で前に行ったけど、満員電車程度で不快感0。大騒ぎする人はいなかった。(別に流れで大騒ぎになってしまってもライブだから仕方ないか、、、)と消極的な積極意思?を持っていたワタクシでありますが、結果良かったです。明日仕事だし。ロックンロールだけどポップスだよなと思うのでありました^_^

 

  1、皆で歌ったり振付する曲があって楽しかった。新曲も7つあってワクワクした。一体感があった。皆幸せそう。知らない人の嬉しそうな横顔をたくさん見てしまった。

 

  1、セットリスト的に感情がかみあってしまってある曲の出だしでぼろぼろっと泣いてしまった。でも泣きながら歌った。嬉しくてとか感動して泣いているんじゃなくて、なんか自分の為に泣いてた。自分が泣いていた。曲が終わった時、小沢氏は小さく「うん」と頷いて「歌おう」と客席に話しかけてから次の曲を始めた。優しい。勿論、相互関係はあると思っている。

 

  1、車椅子の人が来てた。連れはなかったようだ。色々とあったのかな。

 

  1、そっとカウントダウン。いいよね。魔法をかけてくれる合図。そして魔法を解いてくれる合図^_^

 

  1、ペンライトの代わりかな?ハリガネでぐねぐねできるライト(500円)を購入。頭に巻く人、指に巻く人、首に巻く人、色々。私は紫にしてみた。首から左手にかけて巻いた。パレード?クリスマスツリー?人々が光に包まれていたよ^_^

 

  1、小沢氏との距離が近かったため、「小沢くん」「歌って」「ありがとう」など、一方的に言葉をかけキュンキュンな気持ちを伝える?ことができた。

 

  1、帰り道も幸せ

 

  f:id:sprighascome:20160609063604j:image

 

(いつか誰かと完全な恋に落ちる)前夜

浮遊 音楽

  あー、、、。

 

 

  完全な幸福というものは過去にしかない。

  現在は続いていくのだから、未来へ。

  現在も未来も幸福ではない。

  幸福かもしれないけど完全ではない。

 

  完璧な絵に似ている。

 

  大好きな曲は終わってほしくない。

  綺麗な夕日は沈んでほしくない。

  大好きな人には生きていてほしい。

  変わらない風景であってほしい場所がある。

  枯れないでいてほしい木がある。

  終わらないでいてほしい遊びがある。

 

  未完成な私たちは、何度も何度も、、、

 

  その瞬間、その声、その顔、その瞳、憶えていようと思う。

  忘れてしまうかもしれないけど。

 

  過去に、完璧な幸福の過去に、私たちは何度も何度も戻るんだろうなと思う。

 

  現在や未来を軽んじている訳ではなく。

  幸福は。完全な幸福は、過去に繋がっているのだと思う。

 幸福を積み重ねて、私たちは。

  完全な幸福を夢みるように待っている

 

  f:id:sprighascome:20160607195451j:image

負のスパイラル。

吐き出したもの 日常
  新人さんが4月からやってきている。
  大卒女性。

  もう6月なのだけど、なかなか馴染まない。
  うーむ。めんどくさい。。。

  仕事を教えなきゃいけないのだけど、どうにも反応が、、?……。
  礼儀正しいし、邪魔にならないように気をつかうし、それはいいのだけど、積極性はないので困る。

  「わかった?」と確認すると「わかりました」と答える。
  「できる?」ときくと「できます」と答える。
  しかし質問がなさ過ぎて怖い。
  本当にわかったのか?本当にできるのか?

  不安そうな顔して黙っているので、もう放っておく。

  他の職員さんには「仕事ができなくて落ち込んでて、最高におもしろくない」とこぼしているらしい。うん。愚痴を言える人がいるのは素晴らしいことだ。
  
  でも仕事っておもしろいことばかりじゃないし、楽しいことばかりじゃない。私だってこの仕事を「楽しみながら」やっているわけではない。
  ごめんねー、楽しい仕事じゃないんだよー。

  落ち込んでいるようなので簡単な仕事を頼む。期限があったり重要な仕事は頼まないようにする。
  だから居ても居なくてもいいような仕事を振り分ける。落ち込んでるから?頑張っているのかもしれないけど、なんとなく負のオーラが…。
  
  仕事を頼んだり、同じ担当なのは私なのだけど、私に質問しない。年の近い愚痴を言える職員さんに「ききながらやります」と言ったので「私にききなさい。担当は私なのだから」と言ったら萎縮した。

  好き嫌いで仕事してもらっても困るんだよなー

  楽しい楽しくないで仕事してもらっても困るー

  私に対して「できます」「わかります」と答えても、他の職員さんに迷惑かけてたら仕方ないだろー。私が萎縮するわ。どうもすいません。

  できるんだったらやれよって思うし。「できます」そう言われたらもう教えようがないんだよね。。。
  
  私に嫌われるのが嫌で逃げてるなら、完全に間違えてる。私は単なる教育係りで評価はしない。
  評価するのは上司やお客さんなんだよな。

  「いちばん身近な先輩に嫌われるの、嫌」うん絶対に間違ってない。
  でも私は「いちばん身近な先輩を使い倒してきた」嫌われても直属の先輩にきくのがスジだから。直属の先輩を無視するのはアンタそれはそれで失礼やぞ。
  (その私の先輩は向上心のある人だったので、私の質問とか面倒がらずに一緒に考えてくれた。私の代わりに本所に問い合わせとかしてくれた。今でも感謝してます^_^)

  優等生すぎるのは、仕事にならんやろー。

  わかってからやれよって本当に思う。
  わからないままやってるから手間かかるし、無意味なんだよなー。ま、わからんでもやってみたらわかるんだけど失敗しながら。そこから(何故失敗したのか?)を考えないと、もう本当に無意味だからやめて。

  ていうか失敗してみろ。

  ていうか、根本。
  仕事やらされ感満載で。時間潰してるだけでしょう。
  企業の利益とかお給料とか、別次元でしょう。

  「仕事がおもしろくない」というセリフは仕事をしてから言っておくれ。
  せめて一割くらい仕事ができるようになってから言っておくれ。

f:id:sprighascome:20160605174540j:image



 教える側からの本音。
  自発的な仕事意欲がなければ、やっぱり仕事を教えるのは萎えるなぁー