読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コメントって、難しい。

 
  他人ブログにつける自分コメントの話。

  私はあんまりコメントをつけません。
  何故なら自分の言葉は「足りない」から。

  自信が無いです。

  自分のブログでは結構言葉をはしょっているので(気持ち重視で言葉を選ぶ)、一生懸命に言葉を「足して」いるコメントも、自分的にどーなのかな?と思います。
  
  他人から自分ブログへコメントもらうことで、記事以上に気持ちが深まることもあります。掘り下げてもらえる。
  そういう他人からのコメントって、ホント、ありがたいな、と思うのです。私も楽しい^_^


  ただ他人ブログに、私がコメントする場合は気をつけねば、、、、、。

  f:id:sprighascome:20140826184211j:plain

  私は評価するのが苦手です。
  わりとわからなくなります。

  「いい記事だ」という意味で皆さんスターをつけるのですよね?

  私は評価できず、「好き」かそうじゃないか、でスターをつける。

  (さらに「参考にしよう」とか「何回か読みたい」とか「心のアルバム」と思った記事を、非公開で、ブックマークする。私の場合)

  
  例えば、短歌俳句の記事ならば、好きなものにスターをつける。
  上手いか下手か、ではない。
  例えばどんなに優れていると検証されたとして、私は当然無関係に、スターをつける。下手でも好きなら構わない。

  私の場合、通常、スターひとつ。

  ゼロか1か、の世界です。

  それは記事の話。

  


  コメント欄。自分宛に他人がコメント書いてくれたらとりあえずスターつける。読みました!という意味で。それでコメント返しをする。礼儀です。
  他人ブログについた他人コメントにスター付ける時は、同意!という意味で。あるいはその返し素敵です!という意味で。

  
  コメントしたらコメントしたことで広がる、あるいは深まることはあるけど。

  昨日はちょっと失敗して、どうしていいかわからなくなって、挙句、何も言えなくなった。
  コメントする場合、私の場合、好き前提(記事の文章センス、感情センスで。内容は実在かどうかは無関係で、フィクションでも構わないです。でも上手い下手評価しているつもりはなく、やっぱり自分がその文章が好きか、内容が好きかそうでないかが問題)でする。
  興味ない人の記事はコメントしません。

  
  言葉が足りないくせにコメントしちゃうのは、(なんとなくわかってもらえるだろう)という甘えです。

  ドロさんやきなこさんは、しっかり補足してコメント返ししてくれるので、甘えっぱなしです。他の方々も、誠意を持って応えてくれる。ありがたいことです。

  
  つまり詳細。
  なんとなく自分が好きだなーとコメントして、記事とは切り離して私信として。
  …当人はもやっとしたトコロだったかもしれない、あコメントしなきゃよかった気をつかわせた!、、、あ、アドバイスとかそんなつもりでもなかった!、、、素人なんですーごめんなさいー、…と書いてもアレだよな、、、気をつかわすよな、、、、ま、いいか自分話になるけど(難しいですよね)と同意コメントにしよう、、、って。
  したら工夫の仕方とか小技を教えてくれた!、、、でも結びが「出来はともかくとして」、、、あなるほど、そうやったらサラッと収まるのかと納得したものの、ありがとうございますってさらにコメントを重ねることは、ブログ主の幸せなのか?と考えるうちに、スターを付けて結局コメントはしなかった。

  にしても「出来はともかくとして」をどうすれば、、、、

  と、もやもやしていたのであります。

  
  基本、礼儀として。
  話しかけたら聞くものです。

  私が目上の人にメールすれば自分メールで終わるのが普通。

  「つらつら」私

  「そうだよね、つらつら」相手

  「今日はいろいろありがとうございますー、スッキリしました^_^」私

  「いえいえ、どういたしましてー」相手
  
  「おやすみなさいー」私

  「おやすみなさいー」相手
   

  …だとしても、

  自分で終わりたいばかりにさらに「^_^」と無意味に送信したりする。(もう寝ろ)
  ……返さないでくれ…と念じながら。シツコイと思われても後輩の礼儀、自分的に。


    では「出来はともかくとして」で終わらせてはいけないだろう


  全く足りてない自分であります

  
  コメント返しさせたら悪いと思ってコメントできなくなる若輩者。